AKB48のチーム制終了の影響は?ファンやメンバーの声も

AKB48のチーム制終了の影響は?ファンやメンバーの声も 芸能

引用:デイリースポーツ

AKB48は、2005年に誕生した日本のアイドルグループであり、一時期はチーム制を導入していました。しかし、2023年4月29日のコンサートでチーム制を廃止し、新たな体制での再始動を報告しています。本記事では、AKB48のチーム制終了による影響や、ファンやメンバーの声を紹介しながら、AKB48の今後について考えていきたいと思います。

AKB48のチーム制終了の影響は?ファンやメンバーの声も

AKB48のチーム制が終わり、メンバーにどのような影響が出るのでしょうか?ファンの方は「チーム推し」という方も多いのではないでしょうか?

AKB劇場公演の出演人数を今秋から16人にすることも発表されました。

私も劇場に行ったことがありますが、16人でも狭く感じますよね。

これからは「チーム推し」がなくなるという事になりそうですね。

チーム制終わりという事をファンはどのように感じているのか?

AKB48は、チーム制を導入して以来、多くのファンを獲得し人気を博してきました。しかし、チーム制の廃止という発表によって、一部のファンからはショックや落胆の声が上がっています。

ツイッターなどでは様々な憶測が書かれており、「撤退の準備?」「解散?」「活動中止」などとネガティブ憶測が飛び交っています。

一方で、新しいスタートに期待するファンも多く、様々な反応が寄せられています。

新体制への移行はスムーズに進んでいるのか?

チーム制の終わりに伴い、AKB48は新しい体制に移行しました。新しい体制はどのようになっているのでしょうか?新体制はチーム分けもキャプテン制も無くなるので、全員まとめて「AKB!」というざっくばらんな感じになってしまうのでしょうか?

そもそも人数が多すぎて、AKB劇場の舞台に全員上がれないでしょうし、どのように劇場などでのライブを行っていくのでしょう?その辺を含めてまだまだ新体制への移行が謎のままです。

メンバー間の競争が激化?

AKB48の新しい体制では、メンバーたちの活動内容が変わり、競争が激化していくことになる事でしょう。総監督は、向井地美音のままでしょうけど、各チームのキャプテンももうひと頑張り必要です。

AKB48チーム制を終わりにして今後どのような展望がある?

AKB48がチーム制を終わりにし、新たなスタートを切ったことにより、グループの今後に注目が集まっています。

総監督の向井地美音は「寂しいとしか言いようがない」と語りつつも、「一丸となってAKB全体を盛り上げるタイミングなんじゃないかなと思います!」と総監督として責任あるコメントを残しています。

テレビ出演などが、ピーク時よりも明らかに減っている事は確かだし、コンサートでも人が入らないと明らかに「事業縮小体制」に運営側も舵を切っていくのではないかと考えてしまいます。

まとめ

AKB48のチーム制終了によって、ファンやメンバーに様々な影響が出ています。しかし、新たな体制での再始動によって、AKB48は今後も輝かしい活躍を見せることが期待されています。ファンやメンバーたちも、新しいAKB48のスタートに期待を寄せ、これからも応援し続けていくことでしょう。

コメント