15歳でも大丈夫!PayPay銀行Visaデビットカードが使える

15歳でも大丈夫!PayPay銀行Visaデビットカードが使える 悩み

満15歳以上から作れるPayPay銀行Visaデビットカードは、初めてのお財布代わりにも最適なカードです。

しかし、未成年である15歳が利用するにあたって、気になる点もいくつかありますよね。

このブログ記事では、PayPay銀行Visaデビットカードのメリット・デメリットを徹底解説し、15歳が利用する際の注意点も詳しくご紹介します。

さらに、実際に利用している人の口コミや評判も調査し、リアルな声をお届けします。

満15歳以上ならPayPay銀行Visaデビットカードは作れる?

満15歳以上ならPayPay銀行Visaデビットカードは作れる?

引用:PayPay銀行公式サイト

15歳という節目を迎え、自分のお金を持ち歩きたい、キャッシュカードで支払いを済ませたいと考える方も増えてくるのではないでしょうか?

そんな時に注目したいのが、年会費無料で、Visaデビットカードとしても利用できるPayPay銀行Visaデビットカードです。

結論から申し上げますと、満15歳以上であれば、PayPay銀行Visaデビットカードを申し込むことができます

満15歳以上の方で、日本国内に住んでいるなら、自分名義の銀行口座を開設できるんですよ!

では、15歳がPayPay銀行Visaデビットカードを作るには、どのような条件があるのでしょうか?

本人確認書類の提出

PayPay銀行口座開設には、本人確認書類の提出が必須です。

運転免許証やパスポートなど、本人確認書類の種類はいくつかありますが、15歳の学生さんの本人確認は、マイナンバーカードや健康保険証を使う方が、簡単でいいでしょうね!

詳細はPayPay銀行のホームページでご確認ください。

学生証は本人確認書類として利用できませんので、ご注意ください。

親権者の同意は必要?

満15歳以上の方であれば、親権者の同意は不要です。

ご自身だけで口座開設のお申し込みが可能です。

ただし、未成年者の場合、利用限度額の設定など、保護者による利用状況の確認が推奨されています。

申し込み方法

PayPay銀行Visaデビットカードの申し込みは、インターネット経由でのみ可能です。

スマートフォンやパソコンから、簡単に申し込みできます。

申し込みには、本人確認書類の画像データが必要です。事前に準備しておきましょう。

このように、満15歳以上であれば、比較的簡単にPayPay銀行Visaデビットカードを申し込むことができます。

次に、PayPay銀行Visaデビットカードのメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

※本記事は2024年2月3日時点の情報に基づいています。

満15歳以上で作れるPayPay銀行Visaデビットカードのメリット

この章では、PayPay銀行Visaデビットカードのメリットについて詳しくご紹介します。

年会費無料

PayPay銀行Visaデビットカードは、年会費が無料です。学生でも安心して利用できます。

年会費無料のキャッシュカードは珍しくありませんが、Visaデビット機能付きで年会費無料なのは大きなメリットです。

Visaデビットカードとして利用可能

PayPay銀行Visaデビットカードは、Visaデビットカードとして利用できます。

Visa加盟店であれば、世界中で利用可能です。

デビットカードは、使ったその場で口座から引き落としされるので、使いすぎる心配がありません。

15歳から海外旅行に行く機会も増えると思います。

PayPay銀行Visaデビットカードがあれば、海外旅行でも安心して支払いを済ませることができます。

特に海外留学などをされた時には、仕送りはPayPay銀行の口座に振り込み、海外にいる学生は、その国の通貨で引き出せます。

かいとぅーん
かいとぅーん

わざわざ日本円を海外の通貨に両替しなくてもいいんです!

PayPayポイントが貯まる

PayPay銀行Visaデビットカードでのお支払いは、PayPayポイントが貯まります。

貯まったPayPayポイントは、PayPay加盟店での支払いに利用できます。

PayPayポイントは、1ポイント1円として利用できます。日々の買い物でコツコツ貯めて、お得にお買い物を楽しめます。

チャージ不要で支払い可能

PayPay銀行Visaデビットカードは、チャージ不要で支払い可能です。

口座に預金があれば、いつでもどこでも利用できます。

チャージ式のプリペイドカードとは異なり、事前にチャージする必要がないので、使い勝手が良いです。

口座開設も簡単

PayPay銀行口座の開設は、インターネット経由で簡単にできます。

本人確認書類を用意すれば、すぐに申し込みできます。

学生証は本人確認書類として利用できませんので、ご注意ください。

このように、PayPay銀行Visaデビットカードには、多くのメリットがあります。15歳から使えるキャッシュカードとして、非常におすすめです。

次に、PayPay銀行Visaデビットカードのデメリットについて詳しくご紹介します。

満15歳以上で作れるPayPay銀行Visaデビットカードのデメリット

ここでは、PayPay銀行Visaデビットカードのデメリットについて詳しくご紹介します。

預金残高以上の利用不可

PayPay銀行Visaデビットカードは、預金残高以上の利用ができません。使いすぎる心配がないというメリットの裏返しです。

高額な買い物をしたい場合は、事前に口座にチャージしておく必要があります。

Visaの加盟店でないと利用できません

PayPay銀行Visaデビットカードは、Visaの加盟店でなければ利用できません。

利用前に加盟店かどうか確認することをおすすめします。

不正利用のリスク

PayPay銀行Visaデビットカードは、不正利用のリスクがあります。

盗難や紛失などには十分注意する必要があります。

万が一、不正利用された場合は、すぐにPayPay銀行に連絡する必要があります。

15歳がPayPay銀行Visaデビットカード利用する際の注意点

PayPay銀行Visaデビットカードは、15歳から利用できる便利なキャッシュカードです。

しかし、未成年である15歳が利用するにあたって、以下の点に注意する必要があります。

利用限度額の設定がない

PayPay銀行Visaデビットカードの利用限度額は、口座の残高です。

つまり、口座にたくさんのお金を入金していると、そのすべての金額が使える事になります。

カードを利用する際は、保護者の方と相談して考えて使いましょう!

不正利用のリスク

PayPay銀行Visaデビットカードは、不正利用のリスクがあります。盗難や紛失などには十分注意する必要があります。

万が一、不正利用された場合は、すぐにPayPay銀行に連絡する必要があります。

保護者による利用状況の確認

保護者の方には、お子様がPayPay銀行Visaデビットカードをどのように利用しているか、定期的に確認することをおすすめします。

利用状況を確認することで、不正利用や使いすぎを防ぐことができます。

その他の注意点

  • 本人確認書類は、常に携帯する
  • 暗証番号は、他人には絶対に教えない
  • 不審な請求があった場合は、すぐにPayPay銀行に連絡する

このように、15歳がPayPay銀行Visaデビットカードを利用する際には、いくつかの点に注意する必要があります。保護者の方と協力して、安全に利用するようにしましょう。

15歳で作れるPayPay銀行Visaデビットカード口コミ・評判

年会費無料で、Visaデビットカードとしても利用できるPayPay銀行Visaデビットカードは、15歳から利用できる便利なキャッシュカードです。

実際に、15歳の方がPayPay銀行Visaデビットカードを利用してみて、どのような口コミや評判があるのでしょうか?

良い口コミ

子供に持たせるお財布として、PayPay銀行Visaデビットカードを選びました。年会費無料なので、気軽に始められます。

海外旅行にPayPay銀行Visaデビットカードを持っていきました。現地のスーパーやレストランで問題なく使えました。

PayPayポイントは、1ポイント1円として利用できるので、日々の買い物でコツコツ貯めて、お得にお買い物を楽しんでいます。

PayPay銀行に入っている分が支払い可能なので、非常にわかりやすくて便利です。

PayPay銀行の口座開設は、学生の私でもスマホで簡単にできました。

悪い口コミ

コンビニで買い物しようとしたら、預金残高不足で利用できなかった。恥ずかしい思いをした。

ネットショッピングで、偽サイトに騙されて、不正利用されそうになった。

15歳の方の口コミ

初めてのお財布として、PayPay銀行Visaデビットカードを使っています。年会費無料なので、気軽に始められます。

友達と買い物に行ったとき、PayPayで支払ったら、会計がスムーズで楽だった。

年会費無料なので、気軽に始められる。メインのカードとして、安心して利用できる。

海外旅行に行く予定なので、Visaデビットカードとして使えるのが嬉しいです!

保護者の方の口コミ

年会費無料なので、子供に持たせるのに安心

PayPay銀行にある分しか使えないので、使いすぎる心配がないですね。

利用状況をスマホで確認できるので、安心して使わせています。

このように、PayPay銀行Visaデビットカードには、良い口コミと悪い口コミの両方があります。

15歳の方がPayPay銀行Visaデビットカードを利用する際には、メリットとデメリットをよく理解した上で、利用を検討することをおすすめします。

PayPay銀行Visaデビットカードに関するQ&A

Q
PayPay銀行は、15歳から登録できますか?
A

満15歳以上の方なら口座開設が可能です。

Q
PayPay銀行のVISAデビットカードは、年齢制限などがありますか?
A

満15歳以上の方ならPayPay銀行の口座開設ができて、VISAデビットカード機能の付いたキャッシュカードが届きます。

Q
PayPay銀行のメリットは?
A
  • 口座開設が無料
  • キャッシュカードにVISAデビット機能がついている
  • 満15歳以上の方が開設可能
  • スマホで簡単に開設出来ます
Q
海外でPayPay銀行から出金する方法は?
A

海外ATMでのお引き出しは、Visaデビットでの取り扱いとなります。

ご利用の際は「Visaデビット・海外ATMのご利用」と記載の方向に挿入してください。

※ATM設置会社が数百円の利用料を請求する場合があります。 Visaデビット暗証番号(PIN)を入力してください。

15歳でも大丈夫?PayPay銀行Visaデビットカードのメリット・デメリット徹底解説:まとめ

PayPay銀行Visaデビットカードは、15歳から利用できる便利なキャッシュカードです。

年会費無料、Visaデビットカードとして利用可能、PayPayボーナスが貯まるなど、多くのメリットがあります。

一方、預金残高以上の利用不可などのデメリットも存在します。

15歳が利用する際には、利用限度額の設定、保護者による利用状況の確認などの注意点も理解しておくことが大切です。

コメント