広島マツダが公式サイトで謝罪!障害者を揶揄した問題動画!

広島マツダが公式サイトで謝罪! 障害者を揶揄した問題の動画! 社会

広島県のカーディーラーの広島マツダの従業員が、障害者を揶揄しているような問題動画がネット上で拡散しています。従業員が4月下旬にSNSに投稿したものとみられていて、従業員の1人が電動車椅子に乗って障害者の人のマネをするような言動をして笑う声も入っていました。

広島マツダは公式サイトで、社員が障害者を揶揄しているような問題動画を投稿した件について謝罪をしました。企業による配慮が求められる現代社会において、このような不適切な表現は許されません。今回は、この問題について詳しく解説します。

広島マツダが公式サイトで謝罪!問題動画とは?

広島マツダの社員がSNSに投稿した問題の動画は、4月下旬に「TikTok」(ティックトック)の個人アカウントに投稿していました。その後、ツイッターに転載され拡散しています。「TikTok」に載せるだけじゃ懲りず、ツイッターにも載せるなんてどうかしてるとしか言いようがないですよね?この従業員らは「決して障害者を揶揄するつもりはなかった」と話しているというが、「嘘つけ!」って言いたくなる動画ですよね!

広島マツダの山根一郎社長は「ご覧になられた皆様には大変不快な思いをさせてしまった」として謝罪しています。「会社としては軽率な行動に対して厳重注意を行い、当該従業員も深く反省しております」と説明し、再発防止に向けた取り組みを行うとコメントしている。

「TikTok」とツイッターで拡散された今回の動画は、ネット上からなくなる事は無いでしょう。動画をアップした方にも責任がありますが、周りで笑っていた方にも責任があると思います。

企業による配慮の必要性と今後の対策

企業は、社会に対して責任を持つ存在であり、社会的な配慮が求められます。今回の広島マツダの問題では、社員教育不足が露呈されました。企業は、広告やプロモーションの制作にあたり、多様性や包摂性を意識する必要があります。特に、障害者やLGBTQなど、社会的マイノリティに対する配慮が求められます。今回の問題を教訓に、企業は社会的配慮をより一層強化し、差別的な行動を排除することが必要です。

障害者差別をなくすために

今回の広島マツダの問題は、障害者差別をなくすためにも、大きな教訓となります。障害者は、社会的マイノリティの一つであり、認知度が高まってきていますが、まだまだ差別や偏見に直面しています。私たちは、障害者差別をなくすために、以下のことを意識する必要があります。

  1. まず、障害者に対して配慮をすることが必要です。例えば、車イスや杖を使用している人がいた場合には、彼らが快適に過ごせるように、バリアフリー化された環境を整備することが必要です。また、聴覚障害者に対しては、手話通訳者の派遣や字幕を用いた情報提供を行うことが大切です。
  2. 次に、障害者に対する理解を深めることが必要です。多様な障害や状況によって、人々の生活や活動が制限されることがあることを理解し、それに対する共感や配慮を持つことが重要です。このような理解を深めるためには、障害者と接する機会を増やすことが有効です。例えば、障害者スポーツ大会やボランティア活動に参加することができます。
  3. 最後に、差別的な表現を排除することが必要です。私たちは、言葉や表現によって、他者を傷つけたり、差別的な思考を助長することがあります。このような表現を排除することで、障害者差別をなくすことができます。私たちは、自分自身が使っている表現についても、常に注意を払うことが大切です。

まとめ

広島マツダの公式サイトで謝罪が行われた、障害者を揶揄するシーンが含まれた動画について解説しました。企業は社会に対して責任を持つ存在であり、配慮不足が問題視されます。

障害者差別をなくすためには、障害者に対して配慮を行い、理解を深め、差別的な表現を排除することが必要です。私たちは、社会的マイノリティに対する理解と配慮を深めることで、社会全体の包摂性を高めることができます。

今回のこの社員には徹底的に「常識」というものを叩き込んだ方がいいのではないでしょうか?乗っていた電動車椅子が「マツダ製」のものっていうところも気になりますよね?商品で悪ふざけするなんてひどい社員です。

コメント