電動アシスト自転車そのものが違反?スピードの出過ぎで注意喚起

電動アシスト自転車そのものが違反!スピードの出過ぎで注意喚起 社会

電動アシスト自転車の規格や速度違反に関するルールを把握する

電動アシスト自転車は、運転する上で自転車と同様に交通ルールを守る必要がありますよね?しかし、電動アシスト自転車は電動モーターの力で自転車を補助するため、従来の自転車に比べてスピードが出やすいという特徴があります。

そのため、電動アシスト自転車を運転する際には、通常の自転車とは異なるルールや規制を遵守する必要があります。そして、電動アシスト自転車の規格にあった自転車に乗る事も重要です!

今回の記事では、電動アシスト自転車の規格や速度違反に関するルールを把握することで、違反行為を防止し、安全に運転するためのポイントを解説します。

国民生活センターが呼びかけ「京の洛スク」10車種がスピード出過ぎ!

4月19日に国民生活センターが「京の洛スク」が販売している電動アシスト自転車10車種(シーガル26、グランビート、シルフィード700C)について、法律の基準を上回るアシスト力があって、事故につながりやすいという理由で使用を控えるように会見していました。

「京の洛スク」が販売している電動アシスト自転車10車種は、道路交通法上の基準に適合しない「電動アシスト自転車」であり、道路を通行すると法令違反となり、運転している本人が罰せられます。せっかく購入した電動アシスト自転車が、こんなことになるなんて、購入者は腑に落ちないでしょう。

販売元の「京の洛スク」の販売サイトはサービスを終了しているという事です。自転車の購入先と連絡が取れない場合など、困ったときには、「消費者ホットライン」188(いやや)に相談する事をおすすめします。

電動アシスト自転車の最高速度の制限や、走行可能な場所について理解する

電動アシスト自転車は、従来の自転車と異なり、電動モーターによって補助力が付いているため、高速での走行が可能です。しかし、電動アシスト自転車の運転には、最高速度の制限や走行可能な道路や場所の制限など、いくつかの規制があります。これらの規制に違反すると、罰金の対象になることがあります。

まず、電動アシスト自転車には最高速度の制限があります。一般的に、電動アシスト自転車の最高速度は24km/h以下であることが求められています。これは、自転車と同じ速度帯であるため、交通安全上必要とされる制限となっています。

また、走行可能な道路や場所についても、制限があります。例えば、当たり前ですが高速道路や自動車専用道路では、電動アシスト自転車の走行が禁止されています。さらに、歩道や歩行者が多いエリアなど、走行が危険な場所でも、自転車と同様に走行が禁止されていることがあります。

これらの制限に違反すると、罰金の対象になることがあります。電動アシスト自転車を運転する際には、最高速度の制限や走行可能な道路や場所の制限について、事前に把握し、遵守することが重要です。

電動アシスト自転車の運転時の安全確保に関するルールを遵守する

電動アシスト自転車は、従来の自転車に比べて高速で走行できるため、交通事故に巻き込まれる可能性が高くなります。そのため、電動アシスト自転車を運転する際には、安全確保について十分に意識する必要があります。また、運転時のルールを遵守することで、自分自身だけでなく周りの人々の安全も確保することができます。

まず、ヘルメット着用が努力義務化されています。自転車と同じく、電動アシスト自転車の運転時には、必ずヘルメットを着用するようにしましょう。ヘルメットは、万が一の事故による頭部の怪我を軽減するためにも、非常に重要な役割を果たします。

また、運転時には、交通ルールを守ることが大切です。電動アシスト自転車は、従来の自転車と同じ道路を走行することができますが、車道を走行する場合には、自動車と同様に交通ルールを守りましょう。信号機の指示に従ったり、左右確認をしっかり行ったりすることで、交通事故を防ぐことができます。

さらに、夜間走行時には、ライトを点灯することが義務化されています。ライトを点灯することで、自分自身が見えやすくなるだけでなく、周囲の車や歩行者にも見えやすくなり、事故を防ぐことができます。

これらのルールを遵守することで、電動アシスト自転車の運転時の安全確保が図れます。運転前には、ルールをしっかりと把握し、安全確保の意識を常に持って運転するようにしましょう。

電動アシスト自転車と電動自転車の違いとは?

電動アシスト自転車はペダルを漕いで進みます。坂道や長距離走行の時にスムーズに走れるように「アシスト」してくれる自転車です。

電動自転車は基本的にオートバイと同じ扱いになります。運転免許証も必要ですし、自転車には保安部品も必要です。当然ヘルメット着用で、歩道を走ると違反です。自賠責保険にも加入していなければなりません。

まとめ

今回の記事では、「電動アシスト自転車と違反」について書いてみました。スピードが出やすい電動アシスト自転車は販売していますが、使用を控えるように!と国民生活センターが注意喚起をしています。

しかし、すでに高いお金を払って購入してしまった方は困惑してしまいますよね?スピードが出やすい電動アシスト自転車を乗る事自体は違反にはならないので、そのまま乗るしかないと思います。ヘルメットを被ったり、交通ルールを守ったりするのは個人の問題のようです。

コメント