ちびまる子ちゃんの声優交代はいつから?歴代の声優さんをまとめた

ちびまる子ちゃんの声優交代はいつから?歴代の声優さんをまとめた アニメ

引用:ちびまる子ちゃんオフィシャルサイト

「ちびまる子ちゃん」は多くの人々に愛されているアニメです。その魅力の一つに、個性豊かなキャラクターたちの声があります。

しかし、時には声優さんの交代が行われることも。この記事では、ちびまる子ちゃんの声優交代がいつから行われたのか、そして歴代の声優さんをまとめてご紹介します。

ちびまる子ちゃんの声優交代はいつから?

ちびまる子ちゃんの声優交代はいつから?

引用:ちびまる子ちゃんオフィシャルサイト

  • ちびまる子ちゃんの声優交代、その時代と理由
  • 歴代のちびまる子ちゃん声優さん
  • ちびまる子ちゃん、声優交代のエピソード
  • 交代を経た声優さんたちの現在
  • ちびまる子ちゃんの声優、歴代の功績

ちびまる子ちゃんの声優交代、その時代と理由

「ちびまる子ちゃん」の2024年4月21日の放送分から、新しく「まる子」を務めるのは菊池こころさんです。

1986年から少女マンガ雑誌「りぼん」で連載されていました。テレビアニメの放送は1990年から始まっています。

放送開始から実に34年という期間が経過しています。

これだけ長い期間放送されているアニメは「サザエさん」や「ドラえもん」に匹敵しますよね。

交代が行われた背景

『ちびまる子ちゃん』の主人公・まる子の声を長年務めたTARAKOさんが2024年3月4日に急逝されました。

日本全国のファンが、その現実を受け止められなかったですよね?

TARAKOさんの逝去を受けて、新たな「まる子」役の声優として菊池こころさんが選ばれました。

菊池さんは、2024年4月21日放送回から「まる子」役を演じることになりました。

これまでの代表作には『ハートキャッチプリキュア!』のポプリ役や『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のうちはサラダ役などがあります。

交代がファンに与えた影響

TARAKOさんの突然の訃報は、多くのファンに衝撃を与えました。

TARAKOさんは、まる子としての愛らしい声とキャラクターに命を吹き込むことで、「ちびまる子ちゃん」の世界を豊かにしてきました。

新しい声優、菊池こころさんへのバトンタッチは、ファンにとっては新たな「まる子」の声に慣れるという変化を意味しますが、同時に、TARAKOさんへの敬愛と、アニメへの変わらぬ愛着を新たにする機会ともなりました。

菊池さん自身も、「しばらくは耳慣れないと思いますが、どうか長い目で見守っていただけたらとても心強いです」とコメントしており、ファンからの温かいサポートを求めています

ちびまる子ちゃんに出演していた歴代の声優さん

キャラクター前声優期間現在の声優期間
さくらももこ(まる子)TARAKO1990年1月7日~2016年3月24日菊池こころ2024年4月21日~
さくらさきこ(おねえちゃん)水谷優子1990年1月7日~2016年5月29日豊嶋真千子2016年6月5日~
さくら友蔵(おじいちゃん)初代富山敬1990年1月7日~1995年9月17日
さくら友蔵(おじいちゃん)2代目青野武1995年9月24日~2010年6月20日島田敏2010年6月27日~
ナレーションキートン山田1990年1月7日~2021年3月28日きむらきょうや2021年4月4日~

テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の声優さんは、そうそうたるメンバーが揃っていたんですね。

交代を経た声優さんたちの現在

アニメ『ちびまる子ちゃん』は、長年にわたり多くの声優さんがキャラクターを演じてきました。

交代を経た声優さんたちは、それぞれのキャリアで新たな道を歩み、多くのファンに影響を与え続けています。

交代後のキャリア

TARAKOさんからバトンを受け継いだ菊池こころさんは、「ちびまる子ちゃん」の「まる子」役を務める傍ら、他のアニメやゲームの声優としても活躍しています。

また、声優業のみならず、ナレーションやラジオのパーソナリティとしてもその才能を発揮しています。

TARAKOさん自身も、まる子役以外にも多くのアニメキャラクターを演じ、声優としての幅広いキャリアを築いてきました。

ファンへのメッセージ

ファンへのメッセージとして、菊池こころさんは「TARAKOさんが築き上げた、ちびまる子ちゃんの世界を大切にしつつ、新しいまる子として愛されるよう努力します」と語っています。

また、TARAKOさんは生前、「ファンの皆さんに支えられてこの役を長く続けることができました。これからも、ちびまる子ちゃんをよろしくお願いします」と感謝の意を表していました。

ちびまる子ちゃんの声優、歴代の功績

「ちびまる子ちゃん」は、その愛らしいキャラクターと共に、多くの才能ある声優たちによって色彩を与えられてきました。

1990年の放送開始以来、この長寿アニメは数々の声優が交代しながらも、一貫して視聴者に愛され続けています。

ここでは、その歴代声優たちの功績と、彼らが演じた名シーンを振り返ります。

歴代声優さんの功績と名シーン

  • さくらももこ(まる子):TARAKOさんは、原作者のさくらももこさんの声に近いとして、まる子役に抜擢されました。特徴的な声で、アニメだけでなく、多くの作品でその才能を発揮してきました。
  • さくらヒロシ(お父さん):屋良有作さんは、釣りと野球が好きなまる子の父親を演じ、その他多くのアニメや外画の吹き替えでも活躍しています。
  • さくらすみれ(お母さん):一龍斎貞友さんは、まる子のしっかり者の母を演じる一方で、講談師としてもその才能を発揮しています。

アニメ文化における彼らの位置づけ

歴代の声優たちは、単なるキャラクターの声を担当するだけでなく、アニメ文化において重要な役割を果たしてきました。

彼らは、アニメが単なる子供向けの娯楽から、すべての世代に受け入れられる芸術形式へと進化する過程で、その魅力を世界に伝える大使となりました。

声優の存在は、日本独自の文化として発展し、今や国際的な影響力を持つまでに成長しています。

このように、『ちびまる子ちゃん』の声優たちは、アニメというメディアを通じて、日本文化の一端を担い、世界中にその魅力を伝え続けています。

彼らの功績は、アニメの歴史において、決して忘れられることのない貴重なものと言えるでしょう。

ちびまる子ちゃんの声優交代はいつから?歴代の声優さんをまとめた:まとめ

この記事を通して、ちびまる子ちゃんの声優交代の歴史と、それぞれの声優さんがアニメにどのような影響を与えてきたかを振り返りました。

声優さん一人ひとりがアニメに息吹を吹き込み、多くのファンに愛される作品を作り上げてきたことを感じていただけたでしょうか。

コメント