宮脇咲良のあだ名は「ックラ」です!本人がSNSで拡散している?

宮脇咲良のあだ名は「ックラ」です!本人がSNSで拡散している? 芸能

宮脇咲良さんのファンの間で親しみを込めて使われるあだ名は、「ックラ」です。

HKT48、AKB48時代やIZ*ONEに在籍していた時は、「さくら」「さくらたん」「さくたん」などというあだ名でした。

この記事では、宮脇咲良さんのあだ名がどのようにして生まれ、SNSでどのように拡散されているのかを探ります。

宮脇咲良さんのあだ名は「ックラ」?

宮脇咲良さんのあだ名「ックラ」の起源は、「LE SSERAFIM(ルセラフィム)」公式YouTubeチャンネルでの発言です。

YouTubeチャンネルの中で、「デビューしたら何と呼ばれたい?」という問いに、自ら「ックラです!」と答えています。

「クラ」ではなくて、「ックラ」とこだわりを見せていました。

YouTubeの動画を再生して7:37のあたりで発言しています。

韓国人の方の名前は、ほとんどの方が名字1文字と名前2文字です。

宮脇咲良さんの名前が3文字なので、「サ・クラ」と呼ばれていたのではないでしょうか?

韓国風に考えると「サ」が名字で、下の名前として「クラ」となるんでしょうね。

あだ名を「サクラ」にしていたら、韓国の方にしていれば、フルネームで呼んでいるようになります。

コンサートなどで、アイドルの名前を呼ぶ時に、「宮脇咲良~」とは日本でも呼ばないですよね?

韓国では「サ・クラ」というのは、フルネームに聞こえるんでしょうね。

宮脇さんは、「クラ」じゃなくて「ックラ」と呼んで下さいと、こだわりを持っているようです。

かいとぅーん
かいとぅーん

このYouTubeチャンネルの撮影時は、まだメンバーが6人いましたね。

宮脇咲良のあだ名「ックラ」は「PRODUCE48」のときから?

宮脇咲良のあだ名「ックラ」は「PRODUCE48」のときから?
引用:モデルプレス公式サイト(左から:松井珠理奈、矢吹奈子、宮脇咲良、本田仁美)

宮脇咲良さんのあだ名「ックラ」は、韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」から誕生しました。

韓国語では「さくら」という名前が「さ・くら」と聞こえ、韓国の練習生たちが「ックラ」と呼び始めたのがきっかけです。

「ックラ」の「ッ」は、韓国語の発音によるものです。韓国語では、母音と子音の間に破裂音を挿入することがあります。

この場合、「さ」と「く」の間に破裂音が入り、「ックラ」という発音になるんですね。

日本では、HKT48時代の愛称として「さくちゃん」が親しまれていました。

LE SSERAFIMでの活動開始に伴い、活動名が「宮脇咲良」から「SAKURA」に変更されたことを機に、あだ名も「ックラ」に統一されました。

これは、世界的な活動において、より分かりやすく親しみやすい名前とするためです。

「ックラ」は、宮脇咲良の韓国での活動の中で自然発生的に生まれたあだ名であり、LE SSERAFIMでの活動においてよりグローバルなあだ名として統一されました。

このあだ名には、韓国と日本のファンからの愛情が込められていると言えるでしょう。

かいとぅーん
かいとぅーん

あだ名は、「SAKURA」でもいいと思うんですが、韓国や世界に通じるあだ名にするために、更に短く「ックラ」にしたんですね。

HKT48時代のあだ名

宮脇咲良さんは、HKT48のメンバーとしてアイドルデビューをしています。

HKT48時代には、様々なあだ名がついていました。

福岡のローカル番組「あるYYテレビ」でMCのチーモンチョーチュウ白井鉄也さんにつけられたあだ名は、「よだれちゃん」でした(笑)

白井さんには、宮脇さんがだいぶ幼く見えて「赤ちゃんみたい」という理由から命名されました。

でも、「よだれちゃん」っていうあだ名の人は、なかなかいないですよね。

同じHKT48のメンバーの兒玉遥さんは、「さくらっち」と呼んでいたのを略して「らっち」と呼んでいました。

AKB48の北原里英さんは、馬肉の事を桜肉という事から、「バニたん」と呼んでいたそうです。

どちらもあまり浸透せずに、「さくらたん」と主に呼ばれていたそうです。

かいとぅーん
かいとぅーん

HKB48在籍時の先輩にあたる指原莉乃さんからは、「さくら」と呼ばれていたという事です。

宮脇咲良のプロフィール

下記に宮脇咲良さんのプロフィールをまとめてみました。

本名宮脇咲良(みやわきさくら)
生年月日1998年3月19日(26歳)
出身地日本・鹿児島県鹿児島市
血液型A型
身長163cm

早いもので、宮脇咲良さんも26歳になりました。次にこれまでの活動内容をまとめてみました。

年度活動内容
2008年劇団四季「ライオンキング」子役としてデビュー
2011年HKT48
2018年IZ*ONE(アイズワン)
2022年LE SSERAFIM(ルセラフィム)

宮脇咲良さんは、2008年に劇団四季の「ライオンキング」にヤングナラ役で出演しています。

10歳と言う若さで、ミュージカルに出演していたなんて驚きです。

宮脇咲良さんは、そこから才能と努力でスーパーアイドルになったんですね!

宮脇咲良がSNSであだ名を指定している

宮脇咲良がSNSであだ名を指定している
引用:LE SSERAFIM公式YouTube

宮脇咲良さんは、「LE SSERAFIM(ルセラフィム)」公式YouTubeチャンネルで「クラ」じゃなくて「ックラ」でお願いしますと語っています。

以前はSNSで、あだ名の「ックラ」を定着させようと「#ックラ」を多用していました。

インスタグラムなどを見ていると、最近はあまり使っていないようですね。

もうデビューから2年程になるので、定着したからやめちゃったのかな?

あだ名「ックラ」の宮脇咲良とファンの関係

あだ名「ックラ」の宮脇咲良とファンの関係

愛称やあだ名は、人と人との間に特別な絆を築く魔法のようなものです。

宮脇咲良さんにとっての「ックラ」という愛称も、まさにそんな魔法の一つ。

ファンの皆さんと宮脇咲良さんとの間には、この愛称を通じて、言葉以上の深い絆が育まれています。

  • あだ名を通じた宮脇咲良さんとファンとの絆
  • あだ名「ックラ」がもたらすポジティブな影響

あだ名を通じた宮脇咲良さんとファンとの絆

宮脇咲良さんのあだ名「ックラ」は、ただの呼び名以上の意味を持っています。

ファンの方々は、この愛称を使うことで、宮脇咲良さんへの親しみや尊敬の気持ちを表現しています。

宮脇咲良さんもまた、SNSでこの愛称を使うことで、ファンの方々との距離を縮め、より親密な関係を築いているのです。

このように、あだ名は宮脇咲良さんとファンの皆さんをつなぐ大切な架け橋となっています。

あだ名「ックラ」がもたらすポジティブな影響

「ックラ」という愛称は、宮脇咲良さんのファンコミュニティにおいて、ポジティブな影響を多くもたらしています。

ファンの方々は、この愛称を通じて一体感を感じ、お互いに支え合うことができます。

また、宮脇咲良さん自身も、ファンからの温かいサポートを受けることで、活動に対するモチベーションを高めています。

この愛称が生み出す温かいコミュニケーションは、ファンの皆さんにとっても、宮脇咲良さんにとっても、かけがえのない宝物と言えるでしょう。

宮脇咲良のあだ名は「ックラ」です!本人がSNSで拡散している?:まとめ

この記事では、宮脇咲良さんのあだ名「ックラ」がどのようにして生まれ、SNSを通じてどのように拡散されているのかを見てきました。

宮脇咲良さんのあだ名の「ックラ」は、自分で決めていたんです。

あだ名がファンとの間に生む絆やコミュニティに与える影響についても考察しました。

宮脇咲良さんとファンとの温かい関係が、これからも多くの人々に喜びをもたらすことでしょう。

コメント