フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪い?原因と改善策を徹底解説

フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪い?原因と改善策を徹底解説 悩み

ホンダのフィットシャトルハイブリッドは、JC08モード燃費で25.2km/Lと、国産コンパクトカーのハイブリッド車の中ではトップクラスの燃費性能を誇ります。

しかし、実際の燃費はカタログ値ほど伸びないという声も少なくありません。

そこで本記事では、フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪い原因と改善策を解説します。

この記事を読めば、フィットシャトルハイブリッドの燃費を最大限に引き出すための知識を身につけることができます。

フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪い?

フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪い?

引用:HONDA公式サイト

ホンダのフィットシャトルハイブリッドは、JC08モード燃費で25.2km/Lと、国産コンパクトカーのハイブリッド車の中ではトップクラスの燃費性能を誇ります。

しかし、実際の燃費はカタログ値ほど伸びないという声も少なくありません。

そこで、本章では、フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪いと感じる原因について解説します。

カタログ燃費と実燃費の差

まずは、カタログ燃費と実燃費の差について説明します。

カタログ燃費は、エンジンやトランスミッション、タイヤなどの性能、そしてテスト方法に基づいて算出されたものです。

一方、実燃費は、実際に車を運転して測定された燃費です。

カタログ燃費は、理想的な条件下で測定されたものであり、実際の走行条件とは異なる場合があります。

そのため、カタログ燃費と実燃費には、どうしても差が生じてしまうのです。

かいとぅーん
かいとぅーん

カタログ燃費は25.2km/Lですが、私の場合毎日往復70kmの田舎道を平均して約50kmのスピードで走行していますが、夏場で20.0km/L、冬場で17.0km/Lです。

燃費が悪いと感じる原因1:運転方法

燃費が悪いと感じる原因の1つは、運転方法です。

急発進・急加速・急減速は、燃費を悪化させる大きな原因となります。

また、車間距離が短いと、頻繁にブレーキを踏むことになり、これも燃費を悪化させます。

さらに、エアコンを強くかけると、エンジンが負担を負い、燃費が悪くなる可能性があります。

かいとぅーん
かいとぅーん

荒い運転をすると燃費は悪くなるし、事故の原因にもなるので注意しましょう!

燃費が悪いと感じる原因2:車の状態

燃費が悪いと感じる原因の2つは、車の状態です。

タイヤの空気圧が低いと、転がり抵抗が大きくなり、燃費が悪化します。

また、エンジンオイルの劣化やバッテリーの劣化も、燃費に影響を与える可能性があります。

燃費が悪いと感じる原因3:環境条件

燃費が悪いと感じる原因の3つは、環境条件です。

渋滞が多いと、エンジンがアイドリング状態になる時間が長くなり、燃費が悪くなります。

また、寒冷地では、エンジンが暖まるまで燃費が悪くなる可能性があります。

さらに、山岳地帯では、坂道が多いため、燃費が悪くなる可能性があります。

フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善する方法

フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪いと感じる原因は、運転方法、車の状態、環境条件の3つに分けられます。

これらの原因を把握し、改善することで、燃費を改善することができます。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 運転方法を見直す
  • 車の状態を整える
  • 環境条件を改善する

運転方法を見直す

フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善するためには、運転方法を見直すことが最も重要です。具体的には、以下の3点に注意しましょう。

  1. エコドライブを意識する
  2. 車間距離を長めに取る
  3. エアコンは適切に使う

1. エコドライブを意識する

エコドライブとは、燃費を良くするために、効率的な運転方法を心がけることです。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 急発進・急加速・急減速を避ける
  • エンジンブレーキを活用する
  • 法定速度を守る
  • 不要な荷物を積まない
  • エアコンの設定温度を上げる

これらの点に意識して運転することで、燃費を大きく改善することができます。

2. 車間距離を長めに取る

車間距離が短いと、頻繁にブレーキを踏むことになり、燃費が悪化します。そのため、車間距離を長めに取って、ゆっくりと加速するようにしましょう。

車間距離の目安は、自分の車の長さの2倍程度です。また、前方の車が急ブレーキを踏んだ場合でも、安全に止まれるように、十分な車間距離を取っておく必要があります。

3. エアコンは適切に使う

エアコンは、燃費を悪化させる原因の1つです。そのため、エアコンは必要最低限の使用にとどめるようにしましょう。

エアコンの設定温度は、18~20℃程度にするのがおすすめです。また、エアコンの風量は、弱めに設定すると燃費を抑えることができます。

運転方法を見直すことで、フィットシャトルハイブリッドの燃費を大きく改善することができます。

具体的には、エコドライブを意識し、車間距離を長めに取る、エアコンは適切に使う、などの点に注意しましょう。

車の状態を整える

フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善するためには、車の状態を整えることも重要です。具体的には、以下の3点に注意しましょう。

  1. タイヤの空気圧を適正にする
  2. エンジンオイルを定期的に交換する

1. タイヤの空気圧を適正にする

タイヤの空気圧が低いと、転がり抵抗が大きくなり、燃費が悪化します。

そのため、タイヤの空気圧を適正に保つようにしましょう。

タイヤの空気圧は、車の取扱説明書に記載されている適正値を参考に、定期的に点検・調整しましょう。

2. エンジンオイルを定期的に交換する

エンジンオイルは、エンジン内部の摩擦を減らす役割を果たしています。

エンジンオイルが劣化すると、摩擦が増え、燃費が悪化します。そのため、エンジンオイルは定期的に交換するようにしましょう。

エンジンオイルの交換時期は、車の取扱説明書に記載されています。一般的には、5,000km~10,000kmごとに交換するのが目安です。

3. バッテリーを定期的に点検・交換する

バッテリーは、エンジン始動やエアコンの使用など、さまざまな場面で使用されています。

バッテリーが劣化すると、エンジン始動がスムーズにできなくなったり、エアコンの効きが悪くなったりし、燃費にも影響を与える可能性があります。

そのため、バッテリーは定期的に点検・交換するようにしましょう。

バッテリーの点検時期は、車の取扱説明書に記載されています。一般的には、2年~3年ごとに交換するのが目安です。

車の状態を整えることで、フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善することができます。

具体的には、タイヤの空気圧を適正に保ち、エンジンオイルを定期的に交換し、バッテリーを定期的に点検・交換する、などの点に注意しましょう。

これらの点を意識して、お得にフィットシャトルハイブリッドに乗りましょう。

(補足)

タイヤの空気圧は、季節や気温によっても変化します。そのため、季節の変わり目や、気温の変化が激しい日には、空気圧を点検・調整するようにしましょう。

また、エンジンオイルは、走行条件によっても劣化の度合いが異なります。そのため、高速道路をよく走る場合は、交換時期を短めに設定するなどの工夫をしましょう。

バッテリーは、車の使用頻度によっても劣化の度合いが異なります。車の使用頻度が多い場合は、交換時期を早めに設定するなどの工夫をしましょう。

環境条件を改善する方法

フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善するためには、環境条件を改善することも重要です。具体的には、以下の3点に注意しましょう。

  1. 渋滞を避ける
  2. 暖気運転を短くする
  3. 山岳地帯では低速で走行する

1. 渋滞を避ける

渋滞では、エンジンがアイドリング状態になる時間が長くなり、燃費が悪化します。

そのため、渋滞を避けるようにしましょう。

渋滞を避けるには、時間帯をずらして出かける、公共交通機関やカーシェアリングを利用するなどの方法があります。

2. 暖気運転を短くする

暖気運転は、エンジンを十分に温めてから走行することで、エンジンの寿命を延ばすために行われます。しかし、暖気運転を長くすると、燃費が悪化します。

暖気運転の適切な時間は、車の取扱説明書に記載されています。一般的には、5~10分程度が目安です。

3. 山岳地帯では低速で走行する

山岳地帯では、坂道が多いため、燃費が悪化します。そのため、山岳地帯では低速で走行するようにしましょう。

また、山岳地帯で急加速・急減速を繰り返すと、燃費がさらに悪化します。そのため、急加速・急減速を避けることも大切です。

環境条件を改善することで、フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善することができます。

具体的には、渋滞を避け、暖気運転を短くする、山岳地帯では低速で走行する、などの点に注意しましょう。

これらの点を意識して、お得にフィットシャトルハイブリッドに乗りましょう。

(補足)

渋滞を避けるために、カーナビやインターネットで渋滞情報を確認するのもおすすめです。

また、暖気運転は、エンジンの音や振動が安定してから停止するようにしましょう。

山岳地帯では、下り坂ではエンジンブレーキを活用するのも効果的です。

フィットシャトルハイブリッドの燃費が悪い?原因と改善策を徹底解説:まとめ

フィットシャトルハイブリッドの燃費を改善するためには、運転方法を見直すことが最も重要です。

エコドライブを意識して、急発進・急加速・急減速を避け、車間距離を長めに取るようにしましょう。

また、車の状態を整え、環境条件を改善することも効果的です。

本記事で紹介した内容を参考にして、フィットシャトルハイブリッドの燃費を最大限に引き出し、お得に乗りましょう。

コメント