フィットシャトルは何人乗り?実際に乗っている私が魅力を徹底解説!

フィットシャトルは何人乗り?実際に乗っている私が魅力を徹底解説! 悩み

ホンダの人気コンパクトステーションワゴン「フィットシャトル」。

その魅力のひとつとして、5人乗りというコンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間が挙げられます。

本記事では、実際に乗っている私が、フィットシャトルの魅力を徹底解説します。

フィットシャトルは何人乗り?5人でも広々使える!

フィットシャトルは何人乗り?5人でも広々使える!

フィットシャトルの魅力のひとつとして、5人乗りというコンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間が挙げられます。

では、フィットシャトルは本当に5人でも広々使えるのでしょうか?

結論から言うと、フィットシャトルの5人乗りは、十分に広々と使うことができます。

かいとぅーん
かいとぅーん

大人5人で流氷まつりに行ってきましたが、車内は余裕の広さで、走りもスムーズでした!

フィットシャトルの全長は4,400mm、全幅は1,725mm、全高は1,565mmと、コンパクトカーのサイズです。

しかし、ホイールベースは2,600mmと、コンパクトカーとしては長くなっています。

そのため、室内空間が広々としています。

特に、後席の足元スペースは、1,000mm以上あり、大人でもゆったりと座ることができます。

また、シートバックを倒すことで、ラゲッジスペースを拡大することもできます。

フィットシャトルの5人乗りは、以下の人におすすめです。

  • ファミリー
  • 趣味やレジャーを楽しむ人

ファミリーの場合、後席に子どもを乗せても、十分に広々と使うことができます。

また、趣味やレジャーを楽しむ人の場合、荷物をたくさん積んでいても、ラゲッジスペースが広々と使えるため、便利に使うことができます。

フィットシャトルの5人乗りは、コンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間とラゲッジスペースを備えた魅力的な車です。

ファミリーや趣味やレジャーを楽しむ人におすすめの車です。

フィットシャトルの5人乗りの室内空間の広さを、具体的な数値で示すと、以下のようになります。

  • 室内長:2,010mm
  • 室内幅:1,490mm
  • 室内高:1,240mm

また、後席の足元スペースは、1,000mm以上あり、大人でもゆったりと座ることができます。

さらに、ラゲッジスペースは、5人乗車時の容量が570Lと、コンパクトカーとしては広々としています。

これらの数値からも、フィットシャトルは5人乗っても、十分に広々と使えることがわかります。

かいとぅーん
かいとぅーん

大人5人でドライブした時も、窮屈に感じた事はありませんでしたね。

7人乗りのフィットシャトルは存在しない

結論から言うと、7人乗りのフィットシャトルは、現在のところ存在しません。

フィットシャトルのベースとなっているフィットは、5人乗りのみの設定です。そのため、フィットシャトルも5人乗りのみの設定となっています。

フィットシャトルが7人乗りの設定にならなかったのには、以下の理由が考えられます。

  • 7人乗りにすると、室内空間が狭くなり、居住性が悪化する可能性がある。
  • 7人乗りにすると、車両サイズが大きくなり、取り回しが悪化する可能性がある。
  • 7人乗りにすると、車両価格が高くなる可能性がある。

フィットシャトルは、コンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間とラゲッジスペースを備えた車です。そのため、7人乗りにする必要がないと考えられます。

なお、フィットシャトルの7人乗りモデルが登場する可能性は、ゼロではありません。

しかし、現時点では、7人乗りのフィットシャトルが登場する可能性は低いと考えられます。

かいとぅーん
かいとぅーん

オデッセイに乗った事がありますが、7人乗りだと加速やブレーキの効きが悪くなったという印象がありますね~怖いからそれ以降は頼まれても運転していません。

ホンダ「フィットシャトル」のメリット

ホンダの人気コンパクトステーションワゴン「フィットシャトル」は、5人乗りのみの設定です。メリットは、以下のとおりです。

車の取り回しがしやすい

フィットシャトルの全長は4,400mm、全幅は1,725mm、全高は1,565mmと、コンパクトカーのサイズです。

そのため、狭い道やコンビニなどの駐車場でも取り回しやすいです!

運転初心者の方にも、運転操作がしやすいでしょう。

燃費が良い

車両サイズが小さくなると、空気抵抗が小さくなり、燃費が良くなります。

さらに、ガソリン車に比べてハイブリッド車は、かなり燃費が良くてお財布に優しいです!

かいとぅーん
かいとぅーん

私の乗っているシャトルの実燃費は、夏場で20kmで冬場で17kmです。北海道在住なので冬はどうしても暖気をかけます。

価格が安い

7人乗りに比べて、5人乗りの車両価格は安くなります。

そのため、予算が限られている場合でも、5人乗りのフィットシャトルは購入しやすいです。

5人乗りのフィットシャトルは、以下の人におすすめです。

一人暮らしや夫婦二人暮らし

一人暮らしや夫婦二人暮らしの場合、フィットシャトルは5人乗りなので十分なスペースがあります。

また、取り回しがしやすいため、街乗りや通勤・通学に便利です。

趣味やレジャーを楽しむ人

趣味やレジャーを楽しむ人の場合、5人乗りでも十分なスペースがあります。

また、ラゲッジスペースが広々としているため、荷物をたくさん積んで、アウトドアや旅行を楽しむことができます。

フィットシャトルは、コンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間とラゲッジスペースを備えた魅力的な車です。

一人暮らしや夫婦二人暮らし、趣味やレジャーを楽しむ人におすすめです。

フィットシャトルの5人乗りの室内空間は?

ホンダの人気コンパクトステーションワゴン「フィットシャトル」は、5人乗りのみの設定です。

その室内空間は、コンパクトなサイズながらも、広々としています。

では、フィットシャトルの5人乗りの室内空間は、具体的にどのくらい広いのでしょうか?

フィットシャトルの5人乗りの室内空間の広さを、具体的な数値で示すと、以下のようになります。

  • 室内長:2,010mm
  • 室内幅:1,490mm
  • 室内高:1,240mm

これらの数値は、コンパクトカーとしては十分な広さです。

特に、後席の足元スペースは、1,000mm以上あり、大人でもゆったりと座ることができます。

また、頭上空間も十分に確保されており、圧迫感を感じにくいです。

フィットシャトルの5人乗りの室内空間は、以下の点が評価されています。

  • 後席の足元スペースが広い
  • 頭上空間が広い
  • シートアレンジが豊富

フィットシャトルの5人乗りの室内空間は、コンパクトなサイズながらも、広々としており、快適に過ごすことができます。

特に、後席の足元スペースが広いため、大人でもゆったりと座ることができます。

また、シートアレンジが豊富なため、さまざまなシーンに合わせて、室内空間を活用することができます。

フィットシャトルの後席も広々しています

フィットシャトルは、5人乗りのみの設定です。その5人乗りの室内空間は、コンパクトなサイズながらも、広々としており、特に後席の広さは評価されています。

フィットシャトルの5人乗りの後席の足元スペースは、1,000mm以上あり、大人でもゆったりと座ることができます。また、頭上空間も十分に確保されており、圧迫感を感じにくいです。

フィットシャトルの後席の広さは、以下の理由によって実現されています。

センタータンクレイアウト

フィットシャトルは、センタータンクレイアウトを採用しています。そのため、後席の下に燃料タンクを配置する必要がなく、足元スペースを広く確保することができます。

ロングホイールベース

フィットシャトルのホイールベースは、2,600mmと、コンパクトカーとしては長い設計になっています。そのため、室内空間が広くなっています。

フィットシャトルの後席の広さは、以下のシーンで重宝します。

長時間のドライブ

後席の足元スペースが広いため、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。

子どもの乗せ降ろし

後席の足元スペースが広いため、子どもの乗せ降ろしがスムーズに行えます。

荷物の積載

後席の足元スペースを活用して、荷物を積載することもできます。

フィットシャトルの後席の広さは、コンパクトカーとは思えないほどの広さです。そのため、さまざまなシーンで快適に過ごすことができます。

ラゲッジスペースも広い

フィットシャトルの5人乗車時のラゲッジスペースの容量は、570Lと、コンパクトカーとしては広々としています。

フィットシャトルのラゲッジスペースが広いのは、以下の理由によって実現されています。

ロングホイールベース

フィットシャトルのホイールベースは、2,600mmと、コンパクトカーとしては長い設計になっています。そのため、ラゲッジスペースが広くなっています。

フィットシャトルの荷室の床下に、94Lの収納スペースがあります。そのため、荷物は床下に収納することもできます。

フィットシャトルのラゲッジスペースの広さは、以下のシーンで重宝します。

旅行やレジャー

ラゲッジスペースが広いため、旅行やレジャーの荷物を積むことができます。

買い物

ラゲッジスペースが広いため、買い物で購入した荷物を積むことができます。

アウトドア

ラゲッジスペースが広いため、アウトドアの用品を積むことができます。

フィットシャトルのラゲッジスペースは、コンパクトカーとは思えないほどの広さです。

そのため、さまざまなシーンで快適に過ごすことができます。

また、後席を倒すことで、ラゲッジスペースを最大1,165Lまで拡大することができます。

そのため、大きな荷物を積む必要がある場合でも、安心して利用することができます。

フィットシャトルは何人乗り?実際に乗っている私が魅力を徹底解説!:まとめ

ホンダの「フィットシャトル」は、5人乗りです。コンパクトなサイズながらも、広々とした室内空間とラゲッジスペースを備えた魅力的な車です。

ファミリーや趣味やレジャーを楽しむ人におすすめの車です。

私も実際に乗っていて、出かける事が苦になりません!毎週末は、釣りやキャンプなどの家族サービスに走り回っています(笑)

コメント