GW期間中のマナー違反増加!施設利用の有料化の取り組みとは

GW期間中のマナー違反増加!施設利用の有料化の取り組みとは 社会

ゴールデンウィーク(GW)は、多くの人々が連休を利用して旅行や外出を楽しむ大切な時期です。しかし、最近ではGW期間中に起こるマナー違反が問題視されています。

騒音やゴミの放置、駐車場の乱用など、周囲に迷惑をかける行為が目立っています。このような状況を改善するために、GW期間中に施設の利用が有料化されるところが増えています。

GW期間中のマナー違反による問題点

GW期間中には、旅行や帰省などで多くの人々が移動するため、交通渋滞が発生します。また、宿泊施設や観光地などでも混雑が予想されます。このような状況下で、騒音やゴミの放置、駐車場の乱用などが目立つようになっています。これらの行為は周囲に迷惑をかけるだけでなく、環境にも悪影響を与える可能性があります。

GW期間中に際立つマナー違反の数々

今年のGWは、コロナの規制も緩和されて観光名所やアウトドア会場は大勢の人で賑わっています。そんな中で、マナー違反により各所で問題が発生しています。

  • 食べ歩き~混雑しているところで、食べ歩きをしている観光客が他の観光客の服を汚してしまいトラブルになっている。また、食べたあとのゴミを道に捨てる人がいて、せっかくの観光名所もゴミだらけになっている。
  • ゴミの不始末~バーベキューをやった後の炭をそのままにして帰る人がいる。花火をやった後のゴミが放置されている。
  • バーベキューのルール無視~木製ベンチにコンロを直置きにしてベンチが焦げてしまっている。芝に直置きでボヤ騒ぎになる。
  • 路上駐車~駐車場に入りきらない車が路上駐車を行い、道路が狭くなり危険な状態になっている。

有料化の導入による改善策

GW期間中には、観光地や駐車場などでの利用に有料化が導入されることが決まりました。これにより、多くの人々が利用する施設や場所でのマナー違反を防止することが期待されます。また、有料化によって観光客や旅行者がより責任を持って行動するよう促されることも予想されます。有料化によって、より快適で清潔な環境が提供されることが期待されます。

具体的に何が有料化になったのか?

GW期間に具体的に有料化に踏み切った施設もいくつかあります。滋賀県・琵琶湖の場合、駐車場を事前予約制にして有料化を行っています。

埼玉・飯能市では、去年のGWに一部のエリアで実験的に有料化しています。その結果、ルールを守る人が増えたため、今年から11月12日までの土日祝日と夏休み期間は有料化を続けるということです。利用料金は大人1人1000円だそうです。

まとめ

GW期間中のマナー違反は、周囲に迷惑をかけるだけでなく、環境にも悪影響を与える可能性があるため、改善が求められています。有料化によって、観光客や旅行者がより責任を持って行動するよう促されることで、より快適で清潔な環境が提供されることが期待されます。GW期間中は、マナーに気をつけて楽しい旅行や外出を楽しみましょう。

コメント