篠田麻里子が受賞した「ベストマザー賞」と不倫離婚について 

篠田麻里子さんが2021年5月に受賞 「ベストマザー賞」とは? 芸能

篠田麻里子が不倫離婚前に受賞した「ベストマザー賞」とは?

引用:日本マザーズ協会

ベストマザー賞とは、一般社団法人の日本マザーズ協会が主催運営する賞で、2007年から開催されています。 「他のママたちから目標とされるベストマザー」を選ぶ事が趣旨とされています。 

ベストマザー賞の選考基準はどのようなものがあるのか? 

選考基準は、子供がいる母親の投票によって決定するそうです。個人賞の他にも団体や企業も表彰されています。 投票方法は、イベント会場や協会公式サイト、企業リンク先などでできるようです。 

その他にも、小児科・皮膚科・産科婦人科・歯科等で配布しているフリーマガジンやSNS経由でも投票が可能です。 投票の際には、アンケート方式をとっているそうです。いくつかの質問にも答えるという事でしょうね。 

小児科や産婦人科などに行く機会があっても「ベストマザー賞の投票をしよう!」ってならないのは私だけでしょうか?子供の病気などで慌ただしいのでそんな時間はない事が多いです。

篠田麻里子が受賞した理由は何だったのか? 

篠田麻里子が受賞した理由は、どのようなものだったんでしょうか?特に理由はないけど、元AKBっていう人が結婚して子供が出来たからもらえただけなのでは?世の中の母親の目標になるような感じではないし、特に目立ったニュースもなかったから、話題性だけなのかもしれません。

篠田麻里子は受賞の際にこのように発言しています。「私自身、こんな素敵な賞をいただけるとは思ってもみなくて一番びっくりしておりますす。去年、出産したばかりなので、マザーと呼べるのかどうか…自分自身も母親業をできているのかどうか不安の中、こんな素敵な賞をいただいて、これからの励みになるなと」とコメントしています。

先輩ママの元AKBの前田敦子からは、「適当でいいんだよ」「大丈夫育つから」と投げやりなアドバイスももらっていたみたいです(笑)実際に前田敦子さんに言われていても、公にしないですよね?

2021年の受賞者には篠田麻里子の他にどのような人物がいるのか? 

2021年の第13回には、三浦瑠麗、潮田玲子、蛯原友里、蜷川実花、タサン志麻 などの方が受賞されています。

三浦瑠麗は、夫が代表を務める会社が投資トラブルで家宅捜索を受けたことが報じられています。テレビ業界からも姿を消していますね。

篠田万里子は離婚。三浦瑠麗は夫の会社が金銭トラブルと受賞者はその後も幸せに暮らしているという方が少ないような気がします。篠田万里子の他にも離婚している方が大勢います。

有名なところでいうと、広末涼子や吉瀬美智子、小倉優子や長谷川京子などです。どちらの方も容姿端麗で素敵な方ばかりですが、夫婦円満とはいかなかったようです。

ベストマザー賞が呪われている⁉篠田麻里子が離婚した理由

「ベストマザー賞が呪われている」と言われています。受賞者が次々と離婚や不倫や事件に巻き込まれているからです。篠田麻里子は、2022年に別居が明るみになり「不倫疑惑」と「離婚調停」で注目の的です。篠田は「私が不倫したという事実はありません」と主張していて事態は泥沼化していました。

その後2023年3月23日に3歳年下の企業経営者の夫との離婚を発表しました。発表されたメッセージの中で元夫は、「私は、この度の件について、麻里子の言葉を信じることにしました」という意味深なコメントをしています。

信じるのなら別れないんじゃないの?と私は思いましたが、亀裂はもっと深いところにあったのでは?元夫は、本当に篠田さんが不倫をしていないという事を信じているのか?面倒だから諦めたのか?真実はわかりません。

結局のところ離婚理由は「性格の不一致」「価値観の違い」というところに落ち着くのでしょう。交際0日婚で話題になりましたが、最後までいろんな意味で話題が付きませんでしたね。

ベストマザー賞が持つ意義や影響力について 

ベストマザー賞が持つ社会的な影響は、この少子高齢化なども問題にも関係してくるのかもしれません。結婚してお子様が生まれて、幸せそうに頑張っているベストマザーを世間の人が見て、私もいいお母さんになりたい!って思って くれればいいのですが、受賞者が次々と離婚したり、不倫したり、詐欺に巻き込まれたりとその影響は大きいと感じます。

まとめ

今回の記事では篠田万里子の2021年のベストマザー賞受賞について掘り返してみました。もともと交際0日婚とかも言われていましたが、長くお付き合いをして相手の事を深くまで理解していたら離婚にはならなく本当に「ベストマザー」になっていたのかもしれません。

一般市民は、離婚をすると母親の方はシングルマザーとなり仕事と育児の両方を頑張らないといけないし本当に大変だと思います。芸能人のように何度も結婚離婚なんて繰り返せないですよね?

ベストマザー賞って芸能人とか著名人ではなく、一般人の頑張っているママに送るべきなのでは?と考えてしまいます。大谷翔平や藤井聡太のお母さんにあげるべきなのでは?

コメント