林遣都が仮面ライダー作者の『石ノ森章太郎物語』で赤塚不二夫を好演

林遣都が仮面ライダー作者の『石ノ森章太郎物語』で赤塚不二夫を好演 芸能

2018年8月25日、俳優の林遣都さんが、仮面ライダーの作者である石ノ森章太郎と赤塚不二夫の友情を描くドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」で、赤塚不二夫を演じていました。

林遣都さんは、2007年に映画「バッテリー」で俳優デビューして、その後も数々のドラマや映画に出演し、人気俳優の仲間入りを果たしました。

そんな林遣都さんが、マンガ界の巨匠である赤塚不二夫を演じるということで、大きな注目を集めています。

そこで、今回の記事では、林遣都さんが演じる赤塚不二夫はどんな人物なのか、これまでに発表された情報を元に、詳しく解説します。

林遣都が演じる赤塚不二夫の人物像

林遣都が演じる赤塚不二夫の人物像

引用:赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ‼

赤塚不二夫は、1935年9月14日生まれで、2008年8月2に亡くなっています。

満洲国熱河省灤平県古北口古城裡出身で、1956年(昭和31年)6月に、描き下ろし単行本『嵐をこえて』でデビューしています。

その後、「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」など、数々の名作を世に送り出し、日本を代表するマンガ家として活躍しました。

赤塚不二夫は、その独特な画風と、ユーモアあふれるストーリーで、多くの読者を魅了しました。

また、赤塚不二夫は、漫画だけでなく、映画やテレビドラマ、アニメなど、さまざまな分野で活躍しました。

赤塚不二夫と仮面ライダー作者の石ノ森章太郎の友情

赤塚不二夫と石ノ森章太郎は、1950年代に東京で出会い、親友となりました。

2人はマンガ家として、お互いに切磋琢磨し、励まし合いました。

また2人は、マンガの可能性を広げるために、さまざまな挑戦を行いました。

例えば、赤塚不二夫は、アニメやテレビドラマなど、マンガ以外の分野にも積極的に進出しました。

また、石ノ森章太郎は、仮面ライダーやサイボーグ009など、特撮ヒーローを生み出し、マンガの新たな可能性を示しました。

かいとぅーん
かいとぅーん

私の場合、赤塚不二夫と言えば「天才バカボン」、石ノ森章太郎と言えば「仮面ライダー」がドンピシャですね!

林遣都の赤塚不二夫役への意気込み

引用:映画ナタリー

林遣都さんは、赤塚不二夫役への抜擢を受けて、以下のようにコメントしています。

赤塚不二夫さんは、日本を代表するマンガ家であり、多くの人に愛され、笑顔を与えてきた方です。そんな赤塚不二夫さんを演じさせていただけることを、とても光栄に思います。

赤塚不二夫さんの作品は、独特な画風と、ユーモアあふれるストーリーで、多くの人を魅了してきました。そんな赤塚不二夫さんの作品を、自分なりに表現していきたいと思っています。

赤塚不二夫さんと石ノ森章太郎さんの友情を描くドラマということで、2人の友情を、しっかりと表現できるように頑張ります。

林遣都さんは、赤塚不二夫の人物像や作品への理解を深め、赤塚不二夫役に挑んでいます。

林遣都さんの赤塚不二夫役が高評価を得た事は、言うまでもありません。

かいとぅーん
かいとぅーん

いいドラマだったのに、無料配信がどこを調べても行っていないのは、悲しいです。

仮面ライダー作者の『石ノ森章太郎物語』のXでの反応は?

かいとぅーん
かいとぅーん

ギャラクシー賞の奨励賞おめでとうございます!本当に何度見ても素晴らしいドラマになっています!

仮面ライダー作者の『石ノ森章太郎物語』を見逃した方へ

仮面ライダー作者の『石ノ森章太郎物語』を見逃した方は、「TUTAYA」でDVDを借りて観るしか方法がありません。

様々な無料配信などのサービスを確認したところ、どこも取り扱っていませんでした。

結局のところ、「TUTAYA」で借りるしかないです。

林遣都が仮面ライダー作者の石ノ森章太郎物語で赤塚不二夫を演じる!:まとめ

林遣都さんが演じる赤塚不二夫は、マンガ界の巨匠であり、日本を代表する人物です。

林遣都さんは、赤塚不二夫への敬意と、赤塚不二夫の作品への愛情を持ち、赤塚不二夫役に挑んでいます。

林遣都さんが演じた赤塚不二夫役が、どのような表現となっているのかは、DVDを借りてみて下さい。

無料配信は、行っていませんでした。

コメント