【慶応】清原勝児は大学進学予定!甲子園では史上初の親子V!

清原勝児 スポーツ

引用:NEWSポストセブン

2023年8月23日に甲子園で高校野球の決勝が行われ、107年ぶりに慶應が優勝しました!清原勝児さんは代打で出場して、甲子園で史上初の親子V(優勝)を果たしています。今後は、大学に進学して野球を続けてプロを目指す事になりそうです。

【慶応】清原勝児は大学進学予定!甲子園では史上初の親子V!

夏の高校野球の決勝の舞台で、清原勝児さんは9回に代打で出場して四球という結果で終わりました。

夏の甲子園ではレギュラーで出場する事は出来ませんでしたが、「代打」という形で球場を沸かせていましたね!

他の球児には申し訳ないですが、その時が一番胸が熱くなりました!

清原勝児さんは、NEWSポストセブンの取材に、今後の進路などについて答えていました。

ちなみに、そのインタビューは甲子園での準決勝前の事です。

【清原勝児さんのインタビュー】
「すっごい声援をいただいて、感謝していますし、それを力に変えたいです。父からは『甲子園で野球ができるのは幸せなことだから次また勝てるように頑張れ』と連絡がありました。父からのアドバイスはそれほどないんです。いつも『全力でやれ』です」

「もちろん、スタメンを目指していますが、何よりもチームが勝つことを意識している。早く一本を打って、それがチームの勝ちにつながればいい。センバツの仙台育英戦では、(タイブレークの二死満塁のチャンスに)三振だった。その悔しさが忘れられないので、もし(準決勝・土浦日大戦に勝利したあと、決勝で)仙台育英と対戦することがあれば、悔しさを晴らしたいです。打撃の調子は上がってきています。甲子園という舞台で、もっと成長して、打席に立ったら楽しみたい」

プロ野球選手になって、活躍したい。もちろん、大学を経由することにはなりますが……

引用:NEWSポストセブン

結果的に高校生活最後の甲子園では、目立つような活躍は出来ませんでしたが、「プロ野球選手になって活躍したい」という夢と、「大学(慶応義塾大学)に進学して」という事を語っていました。

清原勝児さんは、実は1年生の時に留年しています。

その為、高校野球の規定によって、今年の夏が最後の甲子園出場だったんです。

では、卒業までの1年半はどのように過ごすのでしょうか?

慶応高校野球部の森林貴彦監督は、下記のように話していました。

大学まで穴埋めできない1年半の空白ができてしまいますが、野球部に残ったり、クラブチームの練習に参加したりするなど色々な選択肢がある。そこは今後、本人とご家族で話し合っていくことになりますね。

引用:NEWSポストセブン

清原勝児さんは、引退するのではなく、そのまま野球部に残るか?クラブチームに入るのか?という選択をして野球が出来る環境を作って、大学進学に備える事になりそうですね!

【慶応】清原は甲子園で史上初の親子V!を成し遂げた!

引用:スポーツ報知

清原勝児さんのいる慶応が、今年の夏の甲子園で優勝したことによって、お父さんの清原和博さんと親子共に優勝したことになります。

これは、高校野球史上初めての事だそうです!

今までは、親と子のどちらかが優勝して、どちらかが準優勝という事があったそうですが、どちらとも優勝という事は、今回が初めてなんです!

誰も成し遂げていない事が、今年の夏の甲子園で起こったんです!

それが「親子V!」です。

【慶応】清原勝児の最終打席は四球

慶応と仙台育英との決勝の舞台で、9回に代打で清原勝児さんに出番が回ってきましたが、結果は四球でした。

その後に、代走を送られて清原勝児さんじは、交代しました。

その時の甲子園球場は、異様な雰囲気に包まれていましたね。

沖縄尚学との準々決勝の時には、6回に代打で出場してピッチャーゴロに終わったんですが、その後に打線が爆発して、もう一度打順が回ってくるという凄いことが起こりました(笑)

今回は、そのようなミラクルは、起きませんでしたね!

優勝をした息子に父親の清原和博がコメント

慶応が優勝を果たした試合を観戦していた清原和博さんの、息子さんへ対するコメントが非常に泣けてきます。

清原和博氏

「勝児は優勝の喜びも、またスタメンで出られなかった悔しさもあるでしょう。まだ野球人生は終わっていないし、しばらくゆっくりと高校生らしい生活を送った後、どこかで線を引いて、次の目標に向かってほしい。私の息子であり注目され、試合に出なくても取材を毎回受けるなど苦しさもあったと思います。しかし、きちんと対応して立派に育ってくれたなと感じました。褒めてあげたいです」

引用:東スポWEB

世間から注目されるプレッシャーなどもある中で、息子さんの勝児さんは立派に育って、甲子園で優勝メンバーになるなんてすごい事ですよね!

【慶応】清原勝児の甲子園での成績は?

清原勝児さんの甲子園での成績は、代打での出場も多くて、ノーヒット、1四球でした。

体格もいいし、フルスイングはお父さん譲りの物がありますが、慶応の他の選手にレギュラーを奪われる形になってしまいました。

本人は、「チームが勝つことが大事」とも語っています。

お父さんの清原和博さんは、甲子園では1年生から4番を打っていて、甲子園で通算13本塁打、打率404、29打点という大記録を持っています。

清原勝児さんは、お父さんの記録には及びませんでしたが、これから大学に進み、爆発的に野球の成績が上がるかもしれませんね!

【慶応】清原勝児さんは、高卒でプロ入りしないで進学する

清原勝児さんは、高校を卒業してからプロ野球には進まないようです。

大学(慶応義塾大学)に進学して大学野球を経てから、プロ野球選手を目指すとのことです。

そもそも、ドラフトにかかったり、入団テストを受けたりしないとその道は無いのですが、清原勝児さんなら何かやってくれそうな気がします!

今現在の成績なら、ドラフトでの声がかかる事は、正直厳しいでしょうね。

しかし、あの体格といい、フルスイングの凄さは、お父さんを超えていけるようにも見えます(笑)

(慶応)清原勝児の甲子園出場は今年が最後の理由

清原勝児さんの甲子園出場が今年が最後の理由は、1年生の時に留年をしているからです。

高校野球の規定によって、今夏の甲子園が最後の出場となりました。

卒業までの期間は、1年半ほどありますが、チームに残って練習するのか?クラブチームのようなところに入るのかは、これから決まるそうです。

【慶応】清原勝児のプロフィール

名前清原勝児(きよはら かつじ)
生年月日2005年5月1日
出身地東京都港区
学歴慶應義塾幼稚舎
慶應義塾中等部
慶応義塾高等学校(在籍中)
野球歴2015年~2017年 オール麻布
2017年 読売ジャイアンツジュニア
2018年~2020年 世田谷西リトルシニア
2021年~現在 慶応義塾高等学校
身長175cm
体重85kg
父親清原和博(元プロ野球選手)
母親亜希(モデル)

まとめ

今回の記事では、「史上初の甲子園優勝親子」の慶応の清原勝児さんについて書いてみました。

どうしても、偉大な成績を持つお父さんである清原和博さんと比較されてしまいますが、清原勝児さんには、非凡な才能があるように見えます。

これから慶応義塾大学に進学して、野球を続けていく事となると思いますが、大学野球でもうワンステップ飛躍するといいですね!

今後も長い野球人生が待っていますが、これからも応援し続けていきます!

コメント