ジャニーズ事務所の性加害疑惑、現役タレントが言及

ジャニーズ事務所の性加害疑惑現役タレントが言及 芸能

引用:文春オンライン

ジャニーズ事務所は、日本の芸能事務所の中で最大手であり、多くの人気アイドルグループを輩出してきました。しかし、近年では、ジャニーズ事務所の性加害疑惑が相次いで報道されています。元ジャニーズJr.の橋田康が、ジャニー喜多川元社長から性的虐待を受けたと告発しました。

これらの告発を受けて、ジャニーズ事務所は、コンプライアンス委員会を設置し、再発防止策を講じることを発表しています。しかし、ジャニーズ事務所の性加害疑惑は、依然として解決されていない状況です。

現役タレントが言及したジャニーズ事務所の性加害疑惑

引用:Johnny’s net

2023年5月21日、ジャニーズ事務所の現役タレントの東山紀之が、情報番組「サンデーLIVE!!」で初めてジャニーズ事務所の性加害疑惑問題について言及しました。

内容は下記の通りです。

「先週事務所より喜多川氏に関する公式見解が出されましたので、私自身の考えを伝えさせていただきます」

「今回の喜多川氏に対する元Jr.たちの勇気ある告白は真摯に受け止めねばなりません。実際に被害を訴えられていることは本当に切実で残念でなりません。未成年に与えた心の傷、人生の影響ははかり知れません」

「そもそもジャニーズという名前を存続させるべきなのかを含め、外部の方とともにすべてを新しくし、透明性をもってこの問題に取り組んでいかなければならないと思っています。心を痛めたすべての方々、本当に申し訳ありませんでした」

東山は、ジャニーズ事務所には性加害疑惑を真摯に受け止め、再発防止策を講じるよう求めました。この告発は、大きな反響を呼びました。多くのファンが、ジャニーズ事務所の性加害疑惑について真相を究明するよう求めています。

ジャニーズの性加害問題について言及した現役のKAT-TUNの中丸雄一

5月28日に放送された「シューイチ」でジャニーズ現役のKAT-TUNの中丸雄一さんが性加害問題について言及していました。

ジャニーズ事務所は、今回の性加害問題に対して3つの対応策を発表しています。「心のケア相談窓口の開設」「外部専門家による再発防止特別チームの設置」「社外取締役の選出」です。中丸さんは、この対応策について「この3つによってすべてが補完されるわけではないだろうなと思いつつも、前進の一歩かなと感じています」と語っています。

「被害を受けた方の心情を考えると、大きく3つに分けられると思うんです。1つは名前と顔を出しても告白したい、世の中に訴えたいという方、2つめは名前は出したくないけれど流れで告白をしていきたい。3つめはこの話は勘弁してくれ、思い出したくないという方に分けられると思う。だとすれば2つめについては、今回の設置で受け皿になるという期待を持っています」ともコメントしています。

中丸さんは最後に、「ジャニーズ事務所に対して、ここはいいなと思うところもやっぱりあるわけですよ」と付け加えています。震災のときの募金活動や、コロナ禍での物資支援など、「社会に貢献する気持ちがだいぶ強い会社」と語っています。

この中丸さんの発言に対して、「話がずれている」「社会貢献と今回の問題は別」などといった反応がありました。

ジャニーズ事務所の性加害疑惑、今後はどうなるのか?

ジャニーズ事務所の性加害疑惑は、今後も注目を集めていくと考えられます。ジャニーズ事務所は、コンプライアンス委員会を設置し、再発防止策を講じていますが、十分な対策を講じているか疑問視されています。

ジャニーズ事務所は、性加害疑惑を真摯に受け止め、再発防止策を講じることが重要です。また、ジャニーズ事務所は、ファンや社会からの信頼を取り戻すために、透明性の高い経営体制を構築する必要があります。

ジャニーズ事務所の性加害疑惑の背景

ジャニーズ事務所の性加害疑惑の背景には、いくつかの要因が考えられます。

  • ジャニーズ事務所は、タレントが幼い頃から所属することが多いため、タレントはジャニーズ事務所に依存しやすく、抵抗しにくい状況にあります。
  • ジャニーズ事務所は、タレントに対して厳しいノルマを課すことで、タレントが精神的に追い詰められやすい状況にあります。
  • ジャニーズ事務所は、タレントに対して秘密保持契約を結ばせることで、タレントが被害を訴えにくい状況にあります。

ジャニーズ事務所が取り組むべきこと

ジャニーズ事務所は、性加害疑惑を真摯に受け止め、再発防止策を講じることが重要です。具体的には、以下の取り組みを行うことが考えられます。

  • コンプライアンス委員会の権限を強化し、性加害疑惑に対する調査を徹底する。
  • タレントに対して、性加害に関する研修を実施する。
  • タレントに対して、秘密保持契約を結ばせないよう、契約書の見直しを行う。

まとめ

ジャニーズ事務所は、性加害疑惑を解決し、ファンや社会からの信頼を取り戻すことを目指すべきです。そのためには、以下の点に留意する必要があります。

  • 透明性の高い経営体制を構築する。
  • タレントに対して、尊厳を尊重する文化を築く。
  • 性加害疑惑を解決するための具体的な計画を策定する。

ジャニーズ事務所は、日本の芸能界を代表する事務所です。ジャニーズ事務所が性加害疑惑を解決し、ファンや社会からの信頼を取り戻すことは、日本の芸能界にとっても大きな意味を持つでしょう。

コメント