二宮和也がスマイルアップ(旧ジャニーズ事務所)から独立!

『嵐』二宮和也がスマイルアップ(旧ジャニーズ事務所)から 独立! 芸能

『嵐』の二宮和也さんが、ファンクラブ向けのサイトで2023年10月24日をもって、スマイルアップ(旧ジャニーズ事務所)から独立すると発表しましたよ!

今回の記事では、独立した二宮和也さんの活動はどのようになるのか?『嵐』の活動はどうなるのか?という事を深掘りしていきます。

二宮和也がスマイルアップから独立した!その真相とは?

二宮和也がスマイルアップから独立した!その真相とは?

引用:TBS NEWS DIG

2023年10月24日に『嵐』の二宮和也さんが、スマイルアップ(旧ジャニーズ事務所)から独立を発表しましたね!でも、あんまり驚いた方は少なかったのではないでしょうか?

それは、今後も多くの旧ジャニーズタレントが同じように、「独立」とか「退所」という感じで発表が続くと思われるからです。

二宮和也さんは、俳優としても確固たる地位を確立していますよね?『VIVANT』や『ONEDAY~聖夜のから騒ぎ~』、映画の『アナログ』など次々と話題作に出演して引っ張りだこですよね!

ジャニーズがあれだけの大事になっていても、露出は全然減らなかったと思います。CMなどは多少影響があったと思いますけどね~

本人も言っている通り、仕事などの活動にも多くの影響が起き始めたんですね。

ここで一番心配なのが、『嵐』の再結成はあるのか?という事です。この事についても二宮和也さんは、きちんと説明していました。

二宮和也が独立発表後に公式Xでコメントをしていた

二宮和也さんは律儀ですね~独立を発表の次の日に、「本当に温かいお言葉ばかりで沁みます」と公式Xでコメントしていました。

本人もスマイルアップからの独立に関して、様々な意見が飛び交う事を予想していたんでしょうね。

このコメントには、176,000件の「いいね!」がついています。

二宮和也さんは、公式Xで頻繁につぶやいているので、ファンとの距離も近いですよね!

二宮和也が独立で『ジャニのちゃんねる』どうなる?

二宮和也さんが出演している『ジャニのちゃんねる』は、活動休止に入っています。

本人たちが語るように、まだ旧ジャニーズ事務所と契約などの部分で、不明確な部分が多いのでしょう。

それぞれのグループの方向性や、個人個人の活動の方向性が見えないと、『ジャニのちゃんねる』の再開は出来ないでしょうね。

二宮和也さんは、『ジャニのちゃんねる』に出演している他のメンバー『KAT-TUN』の中丸雄一さん、 『Hey! Say! JUMP』の山田涼介さん、『Sexy Zone』の菊池風磨さんと会社を作るかも?などと言った噂もありましたけど、現実的ではないですよね?

普段の楽しみが一つ減った状態なので、早くYouTubeを再開して欲しいですね!

二宮和也がスマイルアップから独立後も「僕は明日からも嵐です」

二宮和也がスマイルアップから独立後も「僕は明日からも嵐です」

二宮和也さんは、独立しても「僕は明日からも嵐です」と公表しています。

「嵐がなくなるんじゃないかとか、不安に思われる方もいらっしゃるかとは思いますけども、僕は明日からも嵐です。嵐がある以上、嵐なので、それは安心していただきたいです」「また嵐が再開をする、活動をするというときはもちろん、メンバーとして活動を一緒にやっていきます」

引用:嵐ファンクラブ公式サイト

二宮和也さんは、独立して個人活動を続けて、『嵐』の活動の時はジャニーズが作る新エージェント会社と契約をして行うという事になりそうですね。

ファン向けの公式サイト『FAMILY CLUB official』からも『二宮和也』という名前が無くなっていました。しかし、『嵐』というところに5人での画像があったので、問題は無いようです。

実際に、相葉雅紀さんの『木7◎×部(モクシチマルバツブ)』の初回ゲストとして出演するので、関係は良好のようです。

二宮和也のファンクラブはどうなる?

二宮和也さん個人のファンクラブは、個人事務所が新たに設営すると思います。

『嵐』のファンクラブの運営は、ジャニーズ事務所が新しく作るエージェント会社が仕切るでしょうね。

未だ莫大な人数がいる『嵐』のファンクラブが、旧ジャニーズ事務所のスマイルアップが仕切っていると思いますので、100億を超えると言われている収入は、そちらへ流れていく事でしょう。

二宮さんは、『ジャニのちゃんねる』の中で、「嵐のファンクラブの会報には出る」と発言していましたね!

リーダーの大野智さんが、活動を復活しないと『嵐』としての楽曲などは出さないと思いますので、ファンクラブの方たちは、長い期間待ちぼうけをしていますよね?

年会費を支払ってでも、『嵐』の復活を望んでいる方が多くいるという事なんですね。

二宮和也がスマイルアップからの独立を決めた理由は何?

『嵐』二宮和也がスマイルアップからの独立を決めた理由は何?

『嵐』の二宮和也さんが独立を決めた理由は、やはりジャニーズの問題が大きかったようです!

ファン向けの公式サイトでコメントしていた内容は、下記の通りです。

  • 1回目の事務所の会見以降、自分の活動にも多くの影響が起き始め、正直な話、僕も怖くなったし、不安な気持ちにもすごくなり、これからどうしていこうかなと考え始めました
  • ジャニーズ事務所というものは10月17日をもって『SMILE-UP.』(スマイルアップ)に社名を変更する。そして新しい会社をたてて、ジャニーズ事務所にいるタレント達は優先的に、エージェント契約であったりマネジメント契約、こちらを選択して行えるという風なお知らせを聞きました。
  • 自分の将来については自分自身で決めていかなきゃいけないし、でも仕事は走っていっているっていう中で一旦落ち着いて物事を俯瞰で見て考えていた時にやっぱりちゃんとしようと。
  • やっぱり自分の人生として、自分が自分らしく、一つ一つの仕事に向きあい また自分の人生を歩んでいく。
  • 嵐がなくなるんじゃないかとか、不安に思われる方もいらっしゃるかとは思いますけども、僕は明日からも嵐です。嵐がある以上、嵐なので、それは安心していただきたいです。また嵐が再開をする、活動をするというときはもちろん、メンバーとして活動を一緒にやっていきます。

やっぱり、自身の活動に支障が出た事が、独立の一番の理由だと思います。

でも、『嵐』の活動再開には問題が無いようですね!

ちょっと気になったのは、「新しい会社をたてて、ジャニーズ事務所にいるタレント達は優先的に、エージェント契約であったりマネジメント契約…」というところです。

ジャニーズの新会社は、エージェント契約だけではなく、マネジメント契約も行うんですね?

やっぱり、若いタレントさんは右も左もわからないという方もいると思うし、独立してもうまくやって行けない方もいるはずです。

そこは、事務所がきちんとバックアップしないといけませんよね。

二宮和也のスマイルアップからの独立を受けてファンの反応は?

『嵐』二宮和也さんのスマイルアップからの独立を受けて、ファンの反応は様々でした。大方の予想通りという意見も多かったです。

二宮和也が「スマイルアップからの独立がずるい!」と言われる理由

二宮和也さんが「スマイルアップからの独立がずるい!」と言われる理由は、事後報告だからだと言われています。

元キスマイの北山宏光さんや、元キンプリの岸優太さんなどは、「いついつに退所します」というような猶予期間がありました。

ファンの方も期限がわかっていれば、ある程度納得してくれると思います。

二宮和也さんのファンからは、もっと厳しい意見が出ています。

  • ジャニーズ事務所から逃げた!
  • 嵐の今後の活動が未確定

確かに、二宮和也さんの独立は急な話でしたが、ドラマや映画の活動が続いているので、所属事務所が必要ですよね?

旧ジャニーズ事務所が新しいエージェント会社を作らない為に、二宮和也さんは、「独立ずるい!」「逃げた!」などと言われているのかもしれませんね。

先に独立した、元V6の岡田准一さんは叩かれないのに、何故?二宮和也さんは、「ずるい」と言われてしまうのでしょうか?

もう少し、個人の自由にしてあげてもいいと思います。

二宮和也スマイルアップから独立して『株式会社オフィスにの』設立

二宮和也さんが『スマイルアップ』から独立して、『株式会社オフィスにの』を設立した事がわかりました。現在わかっている情報を下記にまとめました。

  • 新会社名称は、『株式会社オフィスにの』
  • 代表は、増田明美さんの夫でファイナンシャルプランナー
  • バックオフィス体制(経理、総務)を増田さんの夫が担当している
  • 公式サイトは、二宮和也さんのお姉さんが作成を担当している

二宮和也さんは、「ニノ」という愛称で親しまれてきている事から、新会社も「株式会社オフィスにの」にしたんですね(笑)

二宮和也さんの新会社は、経理・総務のプロである増田さんの夫が務めるなんて、しっかりしていますよね!

これから、会社としても色々と進化をしていくそうですが、とりあえずの体制が整ったようです。

二宮和也がスマイルアップから独立!のまとめ

今回の記事では、スマイルアップから独立した二宮和也さんの活動はどのようになるのか?『嵐』の活動はどうなるのか?という事を深掘りしてきました。

独立しても『嵐』としても活動するという事なので、ファンの方は一安心ですね!

あとは、『ジャニのちゃんねる』が再開されるのを待つだけですね(笑)

コメント