羽生結弦、電撃離婚の違和感!マスコミとファンの過熱報道が原因か?

羽生結弦、電撃離婚の違和感!マスコミとファンの過熱報道が原因か? 芸能

2023年8月4日、プロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが結婚を発表しました。しかし、そのわずか105日後の11月17日に離婚を発表しました。この発表は、ファンや世間に大きな衝撃を与えました。

今回の記事では、羽生結弦さんの電撃離婚について深掘りしていきます。

羽生結弦、電撃離婚の違和感の理由

羽生結弦、電撃離婚の違和感の理由

羽生結弦さんの離婚に、多くの人々が違和感を覚えました。結婚からわずか105日しか経っていなく、情報が少なかったせいでもあります。考えられる理由を下記に記しました。

記事の内容
  • 結婚発表が電撃的であったこと
  • お相手が一般人であり、顔や名前が公表されていないこと
  • 結婚からわずか3ヶ月で離婚したこと

羽生結弦の結婚発表が電撃的であったこと

羽生結弦さんは、これまでに交際を公表したことはなく、結婚の噂もありませんでした。そのため、結婚発表は多くの人々にとって「突然の出来事」でした。また、羽生結弦さんは、競技からの引退を表明したばかりであり、今後の活動について注目が集まっていた時期でした。そのため、結婚発表は、ファンや世間から大きな注目を集めました。

羽生結弦のお相手が一般人であり、顔や名前が公表されていないこと

羽生結弦さんのお相手は一般人であり、顔や名前が公表されていません。そのため、ファンからは「お相手が誰なのか知りたい」「お相手が一般人ということは、結婚生活が難しいのではないか」といった声が上がっていました。

ファンからは、「結婚報告の記者会見を開かないの?」「お相手は誰?」といった声が多く上がりました。スーパースターの結婚だったので、メディアで何かしらの公表があっても良かったのではないでしょうか。

そうしていれば、マスコミやファンが躍起になって色々と探り会いをする事も無かったかもしれません。

羽生結弦が結婚からわずか3ヶ月で離婚を決断したこと

羽生結弦さんは、離婚発表の文書の中で、「これからの未来を考えたとき、お相手に幸せであってほしい、制限のない幸せでいてほしいという思いから、離婚するという決断をいたしました。」と述べています。しかし、わずか3ヶ月で離婚したことは、多くの人々にとって「スピード離婚」と感じ、違和感を覚えました。

強引な取材などに対して、メディアを使って「過熱取材やストーカー行為はやめて下さい」と会見のようなものを先に開いて、様子を見る事は出来なかったのでしょうか?

それから、色々と先の事を決めても良かったのでは?と残念に思います。

羽生結弦の離婚はマスコミとファンの過熱報道が原因

羽生結弦に対しマスコミとファンの過熱報道が原因

羽生結弦さんの離婚発表の背景には、マスコミとファンの過熱報道が関係しているのではないかという指摘があります。

羽生結弦さんは、国民的スターであり、その人気は絶大です。そのため、結婚発表後、マスコミによる取材やファンによるストーカー行為が過熱しました。

一部のマスコミは、お相手の顔や名前をスクープしようと、執拗な取材を繰り返したと言われています。また、一部のファンは、お相手のSNSアカウントや自宅を特定し、ストーカー行為を行ったと言われています。

このようなマスコミとファンの過熱報道は、お相手のプライバシーを侵害し、結婚生活を脅かすものであったと考えられます。

記事の内容
  • 羽生結弦のお相手のプライバシーの侵害
  • 羽生結弦の離婚はマスコミとファンの責任

羽生結弦のお相手のプライバシーの侵害

お相手のプライバシーの侵害は、離婚の直接的な原因ではないかもしれませんが、離婚を決断するきっかけになった可能性は十分にあります。

お相手の顔や名前が公表されれば、お相手の生活が一変します。仕事や学校、日常生活に影響が出る可能性があります。また、ストーカー行為の被害に遭う可能性もあります。

お相手のプライバシーを守るためには、マスコミとファンの過熱報道を抑制することが必要不可欠です。

羽生結弦の離婚はマスコミとファンの責任

マスコミとファンは、羽生結弦さんのプライバシーを尊重し、過熱報道を控える責任があります。

マスコミは、お相手の顔や名前をスクープしようとして、執拗な取材を繰り返すことは控えるべきです。また、お相手のプライバシーを侵害するような報道は行わないべきです。

ファンは、お相手のプライバシーを侵害するような行為は控えるべきです。お相手のSNSアカウントや自宅を特定して、ストーカー行為を行うことは絶対に許されません。

羽生結弦の離婚原因?実名報道の「日刊新周南」の反論

羽生結弦の離婚原因?実名報道の「日刊新周南」の反論

羽生結弦さんの離婚の原因とされる、結婚相手を実名報道した「日刊新周南」が反論をしています。

羽生の声明を受け、SNSなどでは「報道のせいだ」という声が出ているが、新周南新聞社の担当者はこう反論する。

「報道後、熱心なファンから『本人が名前を出していないのに、なぜ名前を出すんだ』と苦情が来たことはありました。我々からすると、なぜ結婚相手を隠す必要があるのか、まったく理解できません。

羽生さんはあれだけの有名人。そして、奥さんとなった末延麻裕子さんも地元では有名なバイオリニストです。しかも、地元には彼女をよく知る方も多くいて、『おめでとう』という祝福の声が多数あがっていました。その事実を報じたまでです。

小さな新聞社とはいえ、人権問題については重く考えていますし、掲載前に弁護士に相談しました。ウソを書いたのであれば訂正しますが、地元が歓迎しているという事実を書いただけ。記事を出した後についても、末延さんサイドからはクレームなどは一切来ていません」

「うちが叩かれていることは把握しています。また、羽生さんがSNSで明かした内容についても把握していますが、田舎に住む我々には有名な方の感覚はよくわかりません。

ご本人は有名アスリート。しかも奥さんも芸能人です。にもかかわらず、プライベートが、プライバシーが、とメディアを批難する。羽生さんは少し前に写真集を盛んに宣伝していましたが、都合のいいときだけメディアを使い、都合が悪ければメディアのせいにする。これはいかがなものか。

そもそもこのような発表の仕方は普通なんですか。結婚発表では麻裕子さんの名前を明かしませんでしたが、そもそも内緒にするような話だったのか。彼女はコソコソする必要がない方だと思います。立派なバイオリニストであり、田舎に帰ってくればノーギャラでも子供たちに演奏を聞かせてくれます。素敵な女性であり、地元の宝です。

ところが、彼女の名前が公になり、取材が殺到したら『じゃ離婚します』と。『いや、ちょっと待ってくれ』という思いです。我々からすれば地元の子が泣かされた。最後までまゆちゃんを守ってくれよ。男なら最後まで守り抜けよ。それが素直な気持ちです。

先ほど人権の話をしましたが、結婚相手を隠し通そうなんて女性蔑視もいいところです。女性に対して失礼極まりない。この時代に許されるのか。世間に知られたから出て行けということでしょうか。よくもまぁこれだけ女性をバカにしたことができるなと思います。ひとりの人間を不幸にしたことに対する感覚が薄すぎるのではないか。

わずか3ヵ月で…。私が彼女の父親なら訴えています。彼女のお父さんのことはよく知っていますが、天国でガッカリしていますよ。大事に大事に宝物のように育てていましたからね」

引用:週刊現代

結婚相手を実名報道した「日刊新周南」は、実名報道でお相手に取材が殺到しても「守ってくれよ!」とコメントしています。

羽生結弦さんがお相手を守る手段が「離婚」ではなくて、他に手段がなかったのか?と思うと残念です。

羽生結弦、電撃離婚の違和感:まとめ

羽生結弦さんの離婚発表は、多くの人々に大きな衝撃を与えました。その理由の一つとして、マスコミとファンの過熱報道が関係しているのではないかという指摘があります。

マスコミとファンは、羽生結弦さんのプライバシーを尊重し、過熱報道を控える責任があります。

コメント