羽生結弦の離婚に祖母は「ゆずは子供だったんだ」と取材に応じている

羽生結弦の離婚に祖母は「ゆずは子供だったんだ」と取材に応じている 芸能

羽生結弦さんの電撃離婚から約1か月。その衝撃は、いまだに人々の記憶に新しいです。そんな中、羽生結弦さんの母方の祖母が、週刊誌の取材に応じ、孫の離婚について率直な思いを語っています。

祖母は、孫の離婚について、厳しく批判しています。祖母の苦言は、羽生結弦さん本人だけでなく、多くのファンにも、深く響いたのではないでしょうか。

今回の記事では、羽生結弦さんの祖母がどのような事を語っていたのかを深掘りしていきます。

羽生結弦の祖母が「ゆずは子供」「叩かれて当然」とコメント

羽生結弦の祖母が「ゆずは子供」「叩かれて当然」とコメント

羽生結弦さんの祖母は、孫の離婚について、下記のように語っています。

「ゆづは叩かれて当然だと思います。こんなスピード離婚なんてないですよ。フィギュアの面ではある程度名前を残したかもしれないけど、人間的にはまだまだ幼い部分があってね。その純粋さがまた、ゆづの良いところでもありますが、やっぱり何ていうのかな、まだ子供だったんだと思います。」

と厳しく批判しました。

いくら身内でも、実際の祖母にこれだけ言われたら、疎遠になってしまうのでは?と心配しちゃいますよね。

祖母の言う「人間的にはまだまだ幼い部分があって…」というところに引っ掛かりますね。

祖母は、羽生結弦さんの幼さがわかっていたのかもしれません。

スケートばっかりで、一般的な「お付き合いから結婚」という人間味が欠落していたの?と感じてしまいます。

羽生結弦さんは、結婚をする事で発生する責任の重大さや、相手やその家族に対する関係性の重要さがわかっていなかったのかもしれません。

「まだ子供だった」祖母と初顔合わせの予定もあった

羽生結弦さんの祖母によると、羽生結弦さんとお相手とは、結婚発表後に初顔合わせの予定もあったそうです。しかし羽生結弦さんのほうから

「まだ紹介できないんです」

と伝えられ、実現することはありませんでした。

羽生結弦さんは、お相手とお付き合いして、その後結婚して約3か月という期間の間に、祖母や親せきにお相手をご紹介する時間はなかったんでしょうか?

マスコミやファンに、情報が流出するのを危惧していたのかも?

でも常識的に言って、結婚から3か月もの間、祖母にお相手を紹介していないなんて、ちょっと常識から外れているのでは?と感じます。

それも、人気者の宿命なのでしょうか?本当の幸せが何なのか?考えさせられます。

「お相手の家族に申し訳ない」羽生結弦の祖母が心境語る

羽生結弦さんの祖母は、お相手の家族に対しても、

「お相手のご家族のことを考えると胸が痛む」

と心境を語りました。

羽生結弦さんの祖母は、お相手の家族の事に関しても、さすがに気にしているようですね。

お相手の家族も、もしかしたら、知らないうちに結婚までいって、知らないうちに離婚していたというかんじなのでしょうか?

羽生結弦さんの祖母や親族の方は、羽生さんに振り回されたと思っているのでしょうか?

そもそもの原因は、マスコミや過熱したファンによるストーカー行為な訳で、そのせいで羽生結弦さんの周りの親族も心がめちゃくちゃになってしまったのではないでしょうか。

「家族に紹介するのが普通」祖母の厳しい指摘

羽生結弦さんの祖母は、羽生さんの結婚について、

「家族に紹介するのが普通だよ」

と厳しい指摘をしました。

確かに、お付き合いしている時はともかく、結婚したら家族には紹介するのが普通ですね。

羽生結弦さんの祖母は、紹介されなくて寂しい気持ちもあったんでしょうね。

小さい時から可愛がっていた孫が結婚するのに、蚊帳の外になっていると感じていたのかもしれません。

「フィギュアしか能がなく」と孫の人間性を憂う祖母

羽生結弦さんの祖母は、羽生さんのフィギュアの成功で、周囲が甘やかすあまり、人間的な未熟さを残してしまったのではないかと憂い、

「ゆづは、大人として責任を果たせるように、これから頑張ってほしい」

と願っています。

羽生結弦さんの祖母の苦言は、羽生さん本人だけでなく、多くのファンにも、深く響いたのではないでしょうか。

羽生結弦さんが今後、祖母の期待に応え、大人として成長していく姿を見守っていきたいものです。

羽生結弦の離婚に祖母は「ゆずは子供だったんだ」と取材に応じている:まとめ

羽生結弦さんの母方の祖母は、孫の離婚について、厳しく批判しています。

祖母は、孫の離婚を「叩かれて当然」とし、その理由として、結婚発表からわずか105日というスピード離婚、お相手と直接会わせなかったこと、フィギュアの成功で周囲に甘やかされすぎたことが挙げられるとコメントしています。

祖母は、孫が大人として責任を果たせなかったと判断し、お相手の家族にも申し訳なく思っています。

羽生結弦さんの今後の人生に、祖母の苦言がどのような影響を与えるかは、未知数です。しかし、羽生さんが今後、大人として成長し、幸せに暮らしていけることを願います。

コメント