『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い炎上続出!

『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い炎上続出! 芸能

《この記事の内容》

  • 『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い航空会社が舞台
  • 『おっさんずラブ-in the sky-』最終回が前作と違い炎上!
  • 『おっさんずラブ-in the sky-』出演者も前作と違います
  • 『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い炎上続出!:まとめ

『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い航空会社が舞台

『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い航空会社が舞台

引用:tv asahi公式サイト

『おっさんずラブ-in the sky-』は、前作の不動産屋と違い航空会社が舞台になっています。

「転職したの?」「何で不動産屋から航空会社?」などと言った疑問に始まり、春田創一(演:田中圭)の恋人役の牧凌太(演:林遣都)が出演していない事も話題になりました。

これらの疑問に対して簡単に解説すると、前作と今回の話は、まったく違ったもので、ドラマのストーリーの繋がりがないという事です。

「男性同士の愛を描いている」という事には間違いないのですが、パラレルワールド的なドラマなんです。

出演者には、成瀬竜(演:千葉雄大)、四宮要(演:戸次重幸)など新しいキャラクターも増えています。

でも、前作からの『おっさんずラブ』のファンは、「何で?牧凌太役の林遣都さんが出演しないの?」とドラマ初回放送からネットが大荒れになりました。

前作の不動産屋と違い、航空会社が舞台になったり、林遣都さんが出演していない事から、『おっさんずラブ』のファンが減ってしまったのは確かです。

『おっさんずラブ-in the sky-』最終回が前作と違い炎上!

『おっさんずラブ-in the sky-』最終回が前作と違い炎上!

引用:tv asahi公式サイト

『おっさんずラブ-in the sky-』の最終回が、前作と違い炎上しています。

前作は、春田創一と牧凌太の「本当の愛」が確認出来て、ハッピーエンドで終了しました。

最終回の後には、「おっさんずラブ」ロスになる人が続出して、早く続編が見たいというファンの声が多く聞かれました。

『おっさんずラブ-in the sky-』最終回の失敗の理由は?

『おっさんずラブ-in the sky-』最終回の失敗の理由は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

春田創一と成瀬竜の結末に違和感を感じる

前作『おっさんずラブ』では、春田創一と牧凌太(林遣都)が結ばれ、ハッピーエンドを迎えました。

そのため、続編である『おっさんずラブ-in the sky-』でも、春田創一と成瀬竜が結ばれることを期待した視聴者が多くいました。

しかし、最終回では春田創一と成瀬竜は結ばれず、春田創一は黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と結ばれました。

成瀬竜は、四宮要(戸次重幸)と結ばれる結末になりました。

この結末に、多くの視聴者が失望し、最終回の視聴率は前作の半分以下に落ち込みました。

唐突な展開

前作は、春田創一と牧凌太の恋愛を丁寧に描き、多くの視聴者の共感を得ました。

しかし、『おっさんずラブ-in the sky-』では、春田創一と成瀬竜の恋愛が急展開し、唐突に感じられました。

また、黒澤武蔵との恋愛も、春田創一と成瀬竜の恋愛と比較して、説得力に欠けるものでした。

登場人物の掘り下げ不足

前作では、春田創一や牧凌太のほか、その他の登場人物も魅力的に描かれました。

しかし、『おっさんずラブ in the sky』では、登場人物の掘り下げが不足し、視聴者に共感を得られませんでした。

これらの理由により、『おっさんずラブ-in the sky-』最終回は、多くの視聴者から失敗と評価されています。

『おっさんずラブ-in the sky-』最終回が、ひどいと思った理由は?

『おっさんずラブ-in the sky-』の最終回がひどいと思った理由は、以下のとおりです。

春田と成瀬の結末が、視聴者の期待に反した

前作『おっさんずラブ』では、上海と東京という遠距離恋愛になりましたが、春田創一と牧凌太が結ばれ、ハッピーエンドを迎えました。

そのため、続編である『おっさんずラブ-in the sky-』でも、春田創一と成瀬竜が結ばれることを期待した視聴者が多くいました。

しかし、最終回では春田創一と成瀬竜は結ばれず、春田創一は黒澤武蔵と結ばれました。

この結末に、多くの視聴者が失望し、最終回の視聴率は前作の半分以下に落ち込みました。

春田創一と黒澤武蔵の恋愛が、説得力に欠けていた

春田創一と黒澤武蔵の恋愛は、前作の春田創一と牧凌太の恋愛と比較して、唐突で説得力に欠けていました。

春田創一と黒澤武蔵は、ドラマの序盤でこそ接触がありましたが、その後はほとんど接点がなく、恋愛に発展するまでの過程が描かれていませんでした。

そのため、多くの視聴者は、春田創一と黒澤武蔵の恋愛を受け入れることができませんでした。

『おっさんずラブ-in the sky-』最終回について知恵袋でも炎上

『おっさんずラブ-in the sky-』の最終回が、視聴者の期待を裏切るものであったため、知恵袋でも炎上しました。

知恵袋では、最終回の結末や展開に対する批判の声が数多く寄せられました。

特に、春田創一と成瀬竜の恋愛が急展開し、唐突に感じられたことや、春田創一と黒澤武蔵の恋愛が説得力に欠けていたことに、多くの視聴者が不満を抱きました。

また、登場人物の掘り下げが不足していたことも、批判の対象となりました。

特に、春田創一の恋愛の相手となる成瀬竜や黒澤武蔵のキャラクターが、前作の牧と比較して薄っぺらい印象を与えたことに、多くの視聴者が失望しました。

これらの批判の声を受け、知恵袋では最終回の結末や展開に関する議論が活発に行われました。

また、最終回の失敗を原因に、ドラマの続編が制作されないのではないかという懸念の声も挙がりました。

以下に、知恵袋に寄せられた批判の声の一部をご紹介します。

  • 「春田創一と成瀬竜の恋愛が、あまりにも唐突で、説得力に欠けていた」
  • 「春田創一と黒澤武蔵の恋愛は、前作の春田創一と牧凌太の恋愛と比較して、あまりにもつまらなかった」
  • 「登場人物の掘り下げが不足していて、キャラクターに共感できなかった」

『おっさんずラブ-in the sky-』の最終回は、多くの視聴者の期待を裏切るものであったため、知恵袋でも炎上しました。

この炎上は、ドラマの失敗を象徴するものであり、今後のドラマ制作に影響を与える可能性もあります。

『おっさんずラブ-in the sky-』出演者も前作と違います

『おっさんずラブ-in the sky-』出演者も前作と違います

引用:tv asahi公式サイト

『おっさんずラブ-in the sky-』は、前作『おっさんずラブ』の続編として制作されましたが、出演者は一部を除いて変更されました。

前作で主演を務めた春田創一役の田中圭は、続編でも引き続き主演を務めました。

しかし、春田創一の恋愛の相手となる牧凌太役の林遣都は、続編には出演せず、千葉雄大が成瀬竜役として出演しました。

黒澤武蔵役の吉田鋼太郎は、続編に引き続き出演しました。

出演者の変更は、ドラマの雰囲気にも影響を与えました。前作は、春田創一と牧凌太の恋愛を中心に、コミカルなタッチで描かれたドラマでした。

しかし、続編は、成瀬竜と黒澤武蔵の恋愛を中心に、よりシリアスなタッチで描かれたドラマとなりました。

出演者の変更は、ドラマの評価にも影響を与えました。前作は、高い視聴率を獲得し、社会現象にもなりました。

しかし、続編は、視聴率が前作の半分以下に落ち込み、評価も低くなりました。

出演者の変更は、ドラマの成功に大きく影響を与える要素の一つです。

『おっさんずラブ-in the sky-』では、前作の出演者を変更したことが、ドラマの失敗の一因になったと考えられます。

『おっさんずラブ-in the sky-』登場人物の相関図

『おっさんずラブ-in the sky-』登場人物の相関図

引用:tv asahi公式サイト

『おっさんずラブ』は何話まであるのか?

『おっさんずラブ』は何話まであるのか?一番最初に製作された単発ドラマから今までのシリーズを調べてみました。

2016年12月31日単発1話完結『年の瀬 変愛ドラマ第3夜』として放送
2018年4月21日シリーズ1全7話『おっさんずラブ』
2019年11月2日シリーズ2全8話『おっさんずラブ-in the sky-』
2024年1月5日シリーズ3『おっさんずラブ・リターンズ』

『おっさんずラブ-in the sky-』の成瀬役の俳優は誰?

『おっさんずラブ-in the sky-』の成瀬役の俳優は、千葉雄大です。

千葉雄大は、1989年3月9日生まれ、栃木県出身の俳優です。2011年にドラマ『美咲ナンバーワン!!』で俳優デビューし、その後は『ヒロイン失格』『黒崎くんの言いなりになんてならない』『映画 暗殺教室』など、多くの人気作品に出演しています。

『おっさんずラブ』では、春田創一(田中圭)の恋の相手となる副操縦士の成瀬竜を演じました。

成瀬竜は、明るく人懐っこい性格で、春田に好意を寄せます。しかし、春田創一の心は牧凌太(林遣都)にとらわれており、成瀬竜は苦悩します。

千葉雄大の演じる成瀬竜は、明るく人懐っこい性格が魅力的で、多くの視聴者の心をつかみました。また、春田への恋心を表現する繊細な演技も、高く評価されました。

『おっさんずラブ』の成瀬竜役で、千葉雄大は第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞しました

『おっさんずラブ』原作者のプロフィールをまとめる

『おっさんずラブ』原作を調べたら、『TVドラマ「おっさんずラブ」(制作:テレビ朝日 脚本:徳尾浩司)』となっていました。

脚本家の徳尾浩司さんを深掘りしてみます。

本名徳尾浩司(とくお こうじ)
生年月日1979年4月2日 
出身地大坂府
最終学歴慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業
代表作(脚本)チア☆ダン、私の家政夫ナギサさん、六本木クラス

『おっさんずラブ-in the sky-』前作と違い炎上続出!:まとめ

『おっさんずラブ』最終回の評価とその理由

2022年1月15日に放送された『おっさんずラブ-in the sky-』の最終回は、視聴率が前作の半分以下に落ち込み、評価も低くなりました。

この評価の低さは、最終回の結末や展開に対する批判が原因と考えられます。

最終回では、春田創一(田中圭)が黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と結ばれました。

しかし、前作では、春田創一は牧凌太(林遣都)と結ばれ、ハッピーエンドを迎えました。

そのため、多くの視聴者は、春田創一と成瀬竜(千葉雄大)が結ばれることを期待していました。

また、春田創一と黒澤武蔵の恋愛は、前作の春田創一と牧凌太の恋愛と比較して、唐突で説得力に欠けていました。

春田創一と黒澤武蔵は、ドラマの序盤でこそ接触がありましたが、その後はほとんど接点がなく、恋愛に発展するまでの過程が描かれていませんでした。

そのため、多くの視聴者は、春田創一と黒澤武蔵の恋愛を受け入れることができませんでした。

さらに、登場人物の掘り下げが不足していたことも、評価の低さにつながりました。

特に、春田創一の恋愛の相手となる成瀬竜や黒澤武蔵のキャラクターが、前作の牧と比較して薄っぺらい印象を与えました。

そのため、多くの視聴者は、これらのキャラクターに共感することができませんでした。

このように、『おっさんずラブ-in the sky-』の最終回は、視聴者の期待を裏切るものであったため、評価が低くなりました。

コメント