【衝撃】騎乗停止続出?いったい何人?日本中央競馬会(JRA)の発表

福島競馬場 スポーツ

日本中央競馬会(JRA)が発表したところによると、競馬の公正確保に関する業務上の注意義務に違反したとして、6人の騎手に騎乗停止処分が下されたことがわかりました。今回の処分について、詳しく見ていきましょう。

何人が騎乗停止処分を受けたのか?

今回の騎乗停止処分を受けたのは、今村聖奈騎手、河原田菜々騎手、小林美駒騎手、永島まなみ騎手、古川奈穂騎手、角田大河騎手の6人です。ほとんど若手の騎手ですね。

騎乗停止処分が下された理由は?

6人の騎手が騎乗停止処分を受けた理由は、競馬の公正確保に関する業務上の注意義務に違反したためです。具体的には、2023年4月23日(日)第1回福島競馬第6日において騎手控室や調整ルームでスマートフォンを使用してインターネットを閲覧したり、他の騎手と通話したりしたことが発覚して、JRAから処分が下されました。

騎乗停止処分の期間はどのくらい?

騎乗停止処分の期間は、30日間で、開催期間は13日から6月11日までの10日間です。期間中は競馬に参加することができず、競馬における騎手としての活動が制限されます。

女性騎手や若手の騎手は、競馬ファンから注目されていますよね?そういう時期の不祥事は周りの期待を裏切る行為だと思います。

競馬学校でも、レース開催時のルールは学んできたと思いますが、6人もの違反者が出るのは指導が甘かったのかも知れないですね。

古川奈穂騎手が謝罪

古川奈穂騎手のインスタグラムでは「この度、携帯電話の使用についてJRAより騎乗停止30日という処分を受けました。自身の認識の甘さにより、多くの皆様にご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。今回の処分を深く受け止めて、しっかりと反省します。この度は誠に申し訳ございませんでした。」と綴っています。

まとめ

競馬の公正確保に関する業務上の注意義務に違反した6人の騎手に、JRAから騎乗停止処分が下されました。スマートフォンを使用してインターネットを閲覧したり、他の騎手と通話したりする行為は、厳しく禁止されています。騎手たちは、今後このような違反行為を起こさないよう、再び注意を促されることになります。

この方たちが今後のレースに勝っても「騎乗停止になった人だ!」と言われるんじゃないでしょうか?早く信用を回復していただきたいものです。

コメント